• EVENT

「鬼滅の刃」声優陣&LiSA、スカイツリーを“炎色”に染める!劇場版は「期待を裏切らない」

2020年10月11日 21:07

劇場版のアフレコ秘話が熱すぎる!
劇場版のアフレコ秘話が熱すぎる!

シリーズ累計発行部数1億部を突破した吾峠呼世晴の大ヒット漫画を映画化した『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(10月16日公開)の東京スカイツリー点灯イベントが10月11日に開催され、声優の花江夏樹、鬼頭明里、下野紘、松岡禎丞、主題歌を担当するLiSAが登壇。それぞれが劇場版に込めた想いを語ると共に、主題歌「炎(ほむら)」にちなみ、スカイツリーを“炎色”に染め上げた。

【写真を見る】「鬼滅の刃」声優陣、演じるキャラの着ぐるみ登場に大喜び!
【写真を見る】「鬼滅の刃」声優陣、演じるキャラの着ぐるみ登場に大喜び!

主人公の少年、炭治郎が、鬼に変貌した妹の禰豆子を人間に戻すため“鬼殺隊”に入り、鬼狩りの道を歩んでいく姿を描き、漫画もアニメも、“令和初の国民的アニメ”と言われるほどの人気を誇っている本シリーズ。劇場版では、テレビアニメの最終話からつながる物語が展開する。

炭治郎役の花江は「すごくいいアフレコだった」と劇場版の収録を述懐。「役者同士の化学反応(があった)。一人が本気を出したら、それを上回るような勢いで演技してやろう、叫んでやろうという気合が皆さんにあった。それがぶつかり合ってできたものが、『無限列車編』。早く観てほしい」と興奮気味に語った。

伊之助役の松岡は「これで声優人生が終わってもいいと思った」と爆弾発言をお見舞いすると、花江も「明日のことが考えられなかった」と同意。さらに松岡は「これ以上行ったらまずいと思ったけれど、もう知らん!明日なんか!となった」と熱くコメントし、善逸役の下野も「テレビシリーズから、我々も魂を込めて、命を削ってくらいの勢いでやっていた。劇場版はさらにだった」と限界突破したことを告白した。

善逸が暴走!下野紘が「禰豆子ちゅわ〜!ん」とすっかり善逸気分で生アテレコ
善逸が暴走!下野紘が「禰豆子ちゅわ〜!ん」とすっかり善逸気分で生アテレコ

禰豆子役の鬼頭は「『鬼滅』のアフレコ自体が久しぶり。それがまずうれしかった」とニッコリ。「アフレコが始まるまでは『久しぶりだな』という気持ちでいたけれど、始まったら、炭治郎、善逸、伊之助、禰豆子が降りてきた。いつもの感じに戻れた」と喜びを語ると、下野は「若干、緊張した」と照れ笑いをのぞかせ、花江も大きくうなずきつつ「でもやっぱり、体に染み込んでいた」と役柄と共に走り抜けたことを明かしていた。

主題歌を担当するLiSA
主題歌を担当するLiSA

主題歌を担当するLiSAは「『無限列車編』はすごく好きなお話」だそうで、「気合が入った状態で書かせていただいた」と意気込みを吐露。「楽しみにしてくださっている皆さんが、『鬼滅の刃』みんなの“劇場デビュー”を堪能して、それにそのまま浸っておうちに帰れるような言葉遣いなど、作品に寄り添いながら制作しました」という。

この日は花江の「全集中で行きたい」との言葉に導かれ、スカイツリーの点灯式を行ったメンバー。自身の楽曲に乗せて“炎色”に染め上がったスカイツリーを見ると、LiSAは「人生で初めてです。こんなことまでさせていただいて、『鬼滅の刃』すごいです」と感激しきり。炭治郎、禰豆子、善逸、伊之助の着ぐるみがかけつけるひと幕もあり、声優陣も自分の演じるキャラクターとの対面に「すごい!クオリティ高い」「テンション上がる!」と大喜び。盛り上がりを見せたイベントの最後に、花江は「期待は裏切らないものになっている」と劇場版を力強くアピールしていた。

※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正式表記

取材・文/成田おり枝

関連映画

関連映画ニュース