メーガン妃、計算し尽くされたコーデと手の位置で第2子妊娠説が浮上!? |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

セレブリティ 2020/10/11 18:30

メーガン妃、計算し尽くされたコーデと手の位置で第2子妊娠説が浮上!?

メーガン妃お得意の着こなしである肩掛けコート着用で、第2子妊娠説が浮上している。

デイヴィッド・フォスター(70)の5人目の妻キャサリン・マクフィー(36)が、8日に妊娠を発表したが、その2日前に、メーガン妃夫妻に報告するため4人でカリフォルニアのモンテシートにある高級ステーキハウス「Lucky's Steakhouse」に集まり、3時間のディナーを楽しんだ様子。

メーガン妃とキャサリンは、ロサンゼルスで同じ学校に通った過去があり、当時は友人関係にはなかったが、2018年からキャサリンが、ブロードウェイミュージカル「ウェイトレス」の3代目として主役のジェナを演じていた際に、ロンドンで再会を果たしていたという。

「Daily Mail」には、白いシャツに黒ジーンズ、黒マスクのヘンリー王子と、サイドから下をウェーブさせたキャサリン妃とそっくりのヘアスタイルに白マスク、黒いスキニーパンツにオレンジミュール、キャメルカラーのニットに、トレンチコートを肩掛けしているメーガン妃が、レストランから車に乗り込むまでをパパラッチされている。

英王室ではあるまじき行為だったが、女優時代やプライベートではメーガン妃がコートを肩掛けしているのはこれが初めてではなく、ヴィクトリア・ベッカムの鉄板ポーズでもある。特にレアなことではないが、コートで身を包んでいるだけではなく、黒いバッグの持ち方が不自然で、ポジションを腹部の前やサイドにすることで、腹部がパパラッチされていない。

この写真を見た人たちの間では「腹部の隠し方が不自然」「メーガン妃も妊娠してるんじゃない?」「私も同感」といったツイートが飛び交っている。

コロナ禍に加えて、2人がカリフォルニアに移住して7か月、第1子のアーチーも11月で1歳半になることから多くの人たちがタイミング的にも妊娠を期待しているようで、今後の動向が注目されている。

NY在住/JUNKO