北村匠海、主演作『とんかつDJアゲ太郎』は「8kg太ってぷよぷよでした」と述懐! |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2020/10/6 15:03

北村匠海、主演作『とんかつDJアゲ太郎』は「8kg太ってぷよぷよでした」と述懐!

『とんかつDJアゲ太郎』で主演を務めた北村匠海
『とんかつDJアゲ太郎』で主演を務めた北村匠海

北村匠海の主演映画『とんかつDJアゲ太郎』(10月30日公開)で、「渋谷の中心でとんかつ愛を叫ぶ presented by『とんかつDJアゲ太郎』」と題したイベントが10月6日に東急プラザ渋谷で開催。北村、山本舞香、伊藤健太郎、加藤諒、浅香航大、栗原類、DJ KOO、ブラザートムが登壇した。北村は、「初コメディです」と笑顔でアピールし、全員がとんかつをほおばった。

北村は「僕は音楽も芝居もやっている者として、いまのエンタテインメントがどんな状況なのか、いろいろと考えながら過ごす日々でした。そんな状況のなかで、音楽、笑い、人間の成長が描かれている映画を世に出せること、みんなで胸を張って『この映画おもしろいぞ』と、言えることを嬉しく思います」と熱い想いを口にした。

服部苑子役の山本舞香
服部苑子役の山本舞香

コメディ初挑戦となった北村に、山本は「カメラが回る前に、1人で変顔をしてるのを見ました。いつもマッサージをしてほぐしてから現場に入る姿を見て、一生懸命だなと」とねぎらう。

続けて山本が「体操服で走る姿がかわいい。ムチムチで」と言うと、北村は「ぽっちゃりどころか、デブすぎるくらいデブでした」と苦笑い。「当時は、なにも気にせず飲み食いしていたので、いまよりも8kg太ってまして。とんかつ屋の息子だから、ぷよぷよでいいんじゃないかと」と笑った。

また、ブレイク前の10代のころに北村とドラマで共演し、プライベートでも親交のある伊藤は、北村との共演について「2人でずっといろんなことを話した仲でもあったので、こういう状況は感慨深い」と北村と顔を見合わせ、「いい意味でお互い変わってないです」と感慨深い表情を見せた。

屋敷蔵人役の伊藤健太郎
屋敷蔵人役の伊藤健太郎

北村が本作のハイライトでもある伊藤とのDJシーンについて「2人でずっとニヤニヤしてて。熱すぎるねと」と言うと、伊藤も「あれはうれしかった」とうなずき「2人で、『(いつか)売れような』と言っていたので、いろんな気持ちが交錯していたかなと」としみじみ語った。

映画『とんかつDJアゲ太郎』は、漫画家のイーピャオが原案を、小山ゆうじろうが漫画を手掛けた同名コミックを実写映画化した作品。“とんかつDJ”を目指す主人公のアゲ太郎役を北村が、アゲ太郎が憧れる服部苑子役を山本が、彼のライバルとなる人気DJの屋敷蔵人役を伊藤が演じた。

取材・文/山崎伸子

関連作品

  • とんかつDJアゲ太郎

    3.7
    300
    TVアニメ化もされたイーピャオ、小山ゆうじろうによる人気ギャグ漫画を実写映画化