公開迫る『望み』、台北金馬映画祭での上映が決定!各界よりコメントも到着 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/10/1 17:00

公開迫る『望み』、台北金馬映画祭での上映が決定!各界よりコメントも到着

「クローズド・ノート」「検察側の罪人」の雫井脩介による渾身のベストセラー小説を、堤幸彦監督が実写映画化した『望み』(10月9日公開)。公開間近となった本作が、11月5日(木)~22日(日)に開催の台北金馬映画祭への出品されることが決定。さらに本作を鑑賞した各界の著名人からのコメントも到着した。

『望み』各界の著名人より絶賛コメントが到着、台北金馬映画祭出品決定
『望み』各界の著名人より絶賛コメントが到着、台北金馬映画祭出品決定[c] 2020「望み」製作委員会

本作は、突然失踪した息子に同級生の殺人事件への関与が浮上し、残された家族がマスコミや世間から誹謗中傷を受けて翻弄される姿を描いたサスペンス・エンタテインメント作品。息子が被害者であったとしても無実を信じたい父親を堤真一が、息子が犯人であっても生きていてほしいと望む母親を石田ゆり子が演じている。キーパーソンとなる息子には、話題作への出演が続く岡田健史。来年放送されるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」のヒロインに抜擢された清原果耶が妹役を担っている。

そんな本作が台北金馬映画祭の”BEYOND THE VERDICT”部門へ出品されることが明かされた。2019年新設の同部門は、社会正義に関して国民とより深く議論することを目的に、上映後に専門家を招いて観客と直接議論する場を設け、日本映画からは白石和彌監督の『ひとよ』(19)も出品される。

また著名人コメントでは、岡田とドラマ「MIU404」での共演も記憶に新しい橋本じゅんが「観劇後、強烈に胸に迫ったのは、生身の役者の力でタイトルを表現し切ったという驚きでした」と、キャストの演技に感嘆。ほかにも堤監督が手がけた『イニシエーション・ラブ』(15)に出演の前田敦子や、『ファーストラヴ』(2021年2月公開)で堤組に参加している窪塚洋介、タレントのYOU、放送作家の鈴木おさむ、絵本作家ののぶみ、作家の志茂田景樹らも絶賛のコメントを寄せている。

様々な議論が生まれそうな"家族の望み"を描き、国内外の人々の心を揺さぶる『望み』。届けられたコメントからも交錯する思いが伝わってくるはずだ。


キャストサイン入りグッズも当たる!『望み』公開記念スペシャルサイト「#それぞれの望み」【PR】

関連作品

  • 望み

    3.2
    523
    堤幸彦が監督を手掛け雫井脩介の同名サスペンス小説を堤真一×石田ゆり子共演で映画化