『ジョゼと虎と魚たち』中川大志と清原果耶が、お互いに「ストイック」だと思う点は? |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2020/10/13 7:00

『ジョゼと虎と魚たち』中川大志と清原果耶が、お互いに「ストイック」だと思う点は?

『ジョゼと虎と魚たち』の声優を務めた中川大志と清原果耶
『ジョゼと虎と魚たち』の声優を務めた中川大志と清原果耶[c]2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project

中川大志と清原果耶が声優を務めるアニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』が、12月25日(金)に公開となる。原作は、芥川賞作家である田辺聖子の同名小説で、妻夫木聡と池脇千鶴を主演に迎えた実写映画も熱狂的に支持されただけに、アニメ映画版にも熱い視線が寄せられている。主演を務める中川と清原を直撃し、作品の完成を前に、フレッシュなアフレコ収録秘話を聞いた。

自分の殻に閉じこもったジョゼを、恒夫が少しずつ外の世界に連れ出していく
自分の殻に閉じこもったジョゼを、恒夫が少しずつ外の世界に連れ出していく[c]2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project

ある日、車椅子に乗って坂道を暴走してきたジョゼ(清原)を、慌てて助けた大学生の鈴川恒夫(中川)。足の不自由なジョゼは、自分が好きなフランソワーズ・サガンの小説「一年ののち」の登場人物にちなみ、「ジョゼ」と名乗る。そんな2人が前に進んでいく姿を、大阪を舞台に綴られていく。監督は『おおかみこどもの雨と雪』(12)の助監督や、テレビアニメ「ノラガミ」シリーズの監督を務めたタムラコータローで、本作がアニメーション映画での初監督作となる。

中川は、恒夫役について「恒夫はジョゼの世界観に引っ張られていく感じなので、今回は基本的に受け手として、お客さんと同じ立ち位置で演じようと思いました」と最初は捉えたそうだが、監督からは「恒夫には恒夫の世界観があってほしい」とリクエストされたようだ。

ダイビングショップでアルバイトをしている恒夫
ダイビングショップでアルバイトをしている恒夫[c]2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project

ダイビングショップでバイトをしている恒夫は海が大好きで、大学でも海洋生物学を勉強していて、確かに彼特有の世界観も劇中で展開される。
「監督に言われてからは、ジョゼのペースに引っ張られすぎないようにしました。恒夫は、好きなことになると、周りが見えなくなるところもあるので、そういう熱量を大事にして演じていきました。また、2人がかみ合ってないところも出したいということで、ちょっとした鈍感さや天然ぶりもキャラクターに乗せました」。

【写真を見る】談笑する中川大志と清原果耶
【写真を見る】談笑する中川大志と清原果耶[c]2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project

清原はジョゼ役について「気が強い。でも臆病な部分をもっている女性」と捉えた。
「ジョゼは感情の起伏がすごくある人なので、それを声色だけで表すのが大変でした。関西弁できつい言葉を使うけど、そのままのトーンで行けば、ただの嫌な女の子になってしまう。でも、声のトーンを上げすぎると、監督が私に求めてくださっているリアリティが欠けてしまうかもしれないので、そこは気をつけました。また、ジョゼは24歳ですが、監督からは『小学生ぐらいの幼い子に声を当てるような気持ちでやってほしい』と言われたので、どうすれば幼く見えるのかを考えながらやっていきました」。

関連作品