V6・井ノ原快彦が父親役で新境地!『461個のおべんとう』道枝駿佑との新場面写真が到着 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/9/18 7:00

V6・井ノ原快彦が父親役で新境地!『461個のおべんとう』道枝駿佑との新場面写真が到着

TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美によるお弁当エッセイ「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」を、V6の井ノ原快彦と、なにわ男子/関西ジャニーズJr.の道枝駿佑の共演で映画化した『461個のおべんとう』(11月6日公開)。このたび、同作より井ノ原が演じる父親の一樹が、道枝演じる息子の虹輝に優しい眼差しでお弁当を手渡す姿を捉えた新たな場面写真が到着した。

井ノ原快彦&道枝駿佑が親子を演じる『461個のおべんとう』
井ノ原快彦&道枝駿佑が親子を演じる『461個のおべんとう』[c]2020「461個のおべんとう」製作委員会

妻と別れることを決意したミュージシャンの一樹は15歳の息子、虹輝のため高校生活の3年間、毎日お弁当を作り続けることを決意。お弁当を通して父子の温かい絆が描かれていく。原作者の渡辺が作詞作曲を手がけた井ノ原と道枝が歌う「Lookin’4」を主題歌に、『キセキ -あの日のソビト-』(17)、『泣くな赤鬼』(19)などの兼重淳が監督を務めた。

このたび解禁されたカットは、自分に自信が持てず思い悩む虹輝に「大丈夫。全部うまくいくよ」と一樹が優しくお弁当を手渡すシーン。すれ違う父子がお弁当をきっかけに仲を深める重要な場面であり、息子の成長をそっとあと押しする一樹の姿を写しだしている。

ミュージシャンとして多忙な生活を送りながら、いつも前向きで自由奔放な一樹は、”3年間毎日おべんとうを作る”、そして”3年間休まず高校に通う”という虹輝との約束を果たすべく、毎朝早起きして息子に手作りのお弁当を持たせる家庭的な父親でもある。今回、徹底した役作りで臨んだ井ノ原は、大人の自由を謳歌するタフな父親を自然体で表現。監督も「井ノ原さんの人柄に引っ張られて、ポジティブな一樹になりました。俳優、井ノ原快彦の“真骨頂”をたくさんの方に見ていただきたいです」と絶賛。「芝居をしている感じがまったくしない」と周囲を驚かせるほど自身と役柄の親和性も高く、劇中で様々な表情を見せながらも、どこか肩の力の抜けた井ノ原ならではの等身大の“新しい父親像”を表現している。

クランクイン前から積極的に連絡を取り合い、撮影中も毎日一緒にお昼ご飯を食べていたという本物の父子のような仲の良さを見せる井ノ原と道枝。描かれる二人の絆、そしてその息の合った演技にも期待が高まる!

文/富塚沙羅

関連作品