• NEWS

臼田あさ美、片桐はいりが、のんの先輩&上司に!『私をくいとめて』追加キャスト発表&公開日決定

2020年9月16日 07:00

芥川賞、大江健三郎賞など多数の賞を受賞してきた綿矢りさの同名小説を実写化した『私をくいとめて』。このたび、公開日が12月18日(金)に決定し、追加キャストと特報映像が解禁となった。

臼田あさ美、片桐はいりらが出演決定『私をくいとめて』追加キャスト&公開日発表
臼田あさ美、片桐はいりらが出演決定『私をくいとめて』追加キャスト&公開日発表[c]2020「私をくいとめて」製作委員会

31歳おひとりさまで、脳内に相談役の“A”を持つみつ子(のん)が、年下営業マンの多田くん(林遣都)との出会いをきっかけに苦戦しながらも想いと向き合っていく。映画やドラマで様々なキャラクターを演じてきた実力派キャストの二人と、『勝手にふるえてろ』(17)以来の再タッグとなる綿矢と大九明子監督が贈る“崖っぷち”なラブロマンスは早くも話題を集めていた。

今回追加発表されたキャストは、臼田あさ美、片桐はいりと、本作が映画初出演の若林拓也。『南瓜とマヨネーズ』(17)や、大九監督作『美人が婚活してみたら』(19)にも出演する臼田は、みつ子が絶対的な信頼を置くおひとりさまの先輩ノゾミさん役に。また、みつ子のバリキャリ上司役に、『勝手にふるえてろ』で個性的なキャラクターを演じた片桐が、みつ子の同僚で独自の存在感を放つカーターを若林が演じる。

特報映像には、一人ワインを片手に焼き肉を堪能し、自室でだらしなくくつろぐみつ子の姿が。“A”との会話シーンでは彼女の普段の様子をうかがうことができる。そんな気ままに生きていたみつ子が多田くんにうっかり恋をしてしまい、“A”に相談しながら涙を流したり、気持ちが高ぶり公園で一人叫び子どもにからかわれてしまったり、もどかしくなる要素が満載の映像となっている。

20代の時のように勇敢に恋に立ち向かっていけず、四苦八苦するアラサー女子が奮闘する“共感必至”の本作。失敗を繰り返しながらも懸命に努力するみつ子の姿に、背中を押されるような物語になっているはずだ。

文/トライワークス

関連映画

関連映画ニュース