• TOP
  • 映画ニュース
  • 門脇麦×宮沢氷魚出演!齊藤工監督最新作『ATEOTD』ポスタービジュアル&場面写真が解禁
  • NEWS

門脇麦×宮沢氷魚出演!齊藤工監督最新作『ATEOTD』ポスタービジュアル&場面写真が解禁

2020年9月15日 12:00

俳優、フィルムメーカー、白黒写真家などマルチに活動する斎藤工が、齊藤工名義で企画・脚本・監督を務める最新短編映画『ATEOTD(アテオット)』が9月25日より劇場公開が決定。あわせて、門脇麦と宮沢氷魚が出演する本作よりポスタービジュアルと場面写真が解禁された。

門脇麦×宮沢氷魚×齊藤工『ATEOTD』が劇場公開へ
門脇麦×宮沢氷魚×齊藤工『ATEOTD』が劇場公開へ[c]『ATEOTD』製作委員会

本作は、齊藤が監督したシンガーソングライターの安藤裕子が8月末にリリースしたアルバム「Barometz」のMV「一日の終わりに」を、ショートフィルム作品として制作したもの。100年に一度の疫病が蔓延する終末世界を舞台に、それぞれに孤立無援状態にある男女の儚い夢と希望を繊細に描きだす。

【写真を見る】2120年の荒廃した世界を生きる女を門脇麦が演じる
【写真を見る】2120年の荒廃した世界を生きる女を門脇麦が演じる[c]『ATEOTD』製作委員会

物語の舞台は、いまから100年後の2120年。自らが引き起こした新型細菌ウイルスにより滅びゆく運命をたどる人類は、シェルターのなかでのみ生命活動が許されていた。毎日、誰にも会うことなくたった一人で暮らす女(門脇)と男(宮沢)。一日の終わりに、この世界のどこかにいるかもしれない“あの人”を想うことだけが孤独な世界を生きる唯一の希望という、ディストピアのなかで愛を探す男女のストーリーとなっている。

門脇麦と宮沢氷魚が終末世界に生きる男女を熱演!
門脇麦と宮沢氷魚が終末世界に生きる男女を熱演![c]『ATEOTD』製作委員会

ATEOTDとは、「一日の終わりに」の英訳“At the end of the day”の頭文字をつなげた略語のこと。安藤裕子の唯一無二の世界観と齊藤工のイマジネーションによって生みだされた、孤独と希望の物語を堪能してほしい。

文/足立美由紀

関連映画ニュース