多部未華子、岸井ゆきの、岩田剛典がそれぞれワケありな役に!『空に住む』劇中カット一挙公開 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/9/8 14:00

多部未華子、岸井ゆきの、岩田剛典がそれぞれワケありな役に!『空に住む』劇中カット一挙公開

『共喰い』(13)の青山真治監督が7年ぶりに手掛けた長編映画『空に住む』(10月23日公開)。先日「私の家政夫ナギサさん」が最終回を迎えた多部未華子が主演する同作から劇中カットが一挙解禁された。

傷つきながらも一歩を踏み出そうとする直実(多部未華子)
傷つきながらも一歩を踏み出そうとする直実(多部未華子) [c] 2020 HIGH BROW CINEMA

本作は作詞家、小竹正人の同名小説を原作に、愛を喪失し、それでも未来へ歩き出す女性たちへエールを送る物語。郊外の小さな出版社に勤める直実(多部)は、両親の急死により、長年の相棒黒猫のハルとともに叔父夫婦の住むタワーマンションの高層階で暮らすことになる。


解禁カットでは、現実を受け止めきれないまま日々を暮らす直実、直実の後輩で天真爛漫さの裏に複雑な問題を抱える愛子(岸井ゆきの)らの姿が切り取られたもの。直実の前に突如現われた実態のつかめないスター俳優、時戸森則(岩田剛典)、過去に直実が担当した独特の空気感を持つ小説家の吉田(大森南朋)といった、ひと癖ありそうなキャラクターも姿を見せ期待感が煽られる。

他にも美村里江、鶴見辰吾、永瀬正敏らベテラン俳優たちが脇を固め、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEが主題歌「空に住む~Living in your sky~」を担当する。日本を代表する名監督の下、演技派キャストがそろいぶみの『空に住む』。現代日本を生きる女性たちに勇気をくれる珠玉の人間ドラマを、心地いいメロディとともに堪能したい。

文/足立美由紀

関連作品

  • 空に住む

    3.1
    334
    作詞家、小竹正人による同名小説を青山真治監督が多部未華子と初タッグを組み映画化