『海辺のエトランゼ』監督に聞く男性同士の恋を描くこと…「ちぐはぐなやり取り、一生懸命な初々しさを観てほしい」 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2020/9/14 21:00

『海辺のエトランゼ』監督に聞く男性同士の恋を描くこと…「ちぐはぐなやり取り、一生懸命な初々しさを観てほしい」

ふたりの男性による初々しくも、もどかしい関係を描く紀伊カンナ原作の人気コミック「エトランゼ」シリーズが、劇場アニメ『海辺のエトランゼ』(公開中)としてスクリーンに登場する。本作の監督を務めるのは、「ダンガンロンパ The Animation」の演出や「宝石の国」コミック第1巻の発売を記念したフルアニメーションPVなどを手掛けてきた大橋明代。映像化におけるこだわりや原作者の紀伊とのエピソードなど、大橋監督が語る言葉と共に本作の魅力を紹介したい。

【写真を見る】予期せぬ再会に心が揺れ動く…鮮やかな花を背負ったショットも美しい!
【写真を見る】予期せぬ再会に心が揺れ動く…鮮やかな花を背負ったショットも美しい![c]紀伊カンナ/祥伝社・海辺のエトランゼ製作委員会

沖縄の離島で暮らす小説家の卵の橋本駿(声:村田大志)は、海辺で物憂げに佇む少年、知花実央(声:松岡禎丞)が気になり、思わず声をかけてしまう。当初は警戒心を見せる実央だったが、互いに意識し始め、やがて距離を縮めていく。しかし、そんなある日、実央が島から離れることになり、「はやく大人になりたい」という言葉を残して去ってしまう。それから3年後、駿の前に島へ帰ってきた実央が、少しだけ大人になって現れ、止まっていたふたりの時間も動き始める。

2人の男性による初々しくも、もどかしい関係を描く『海辺のエトランゼ』
2人の男性による初々しくも、もどかしい関係を描く『海辺のエトランゼ』[c]紀伊カンナ/祥伝社・海辺のエトランゼ製作委員会

感情の流れをスムーズに伝えるシナリオ構成

本作の魅力はなんといっても、主人公ふたりの気持ちの揺れ動きを繊細に表現しているところ。原作に初めて触れた感想について大橋監督はこのように説明する。
「仕事をして、ごはんを食べて、好きな人とセックスをして…。なにげない日常が展開されていきます。しかし、どこを切り取ってもスペシャルな場面になっているので、凡人ではない、紀伊さんのすごさを感じます」

沖縄の離島で暮らす小説家の卵の橋本駿
沖縄の離島で暮らす小説家の卵の橋本駿[c]紀伊カンナ/祥伝社・海辺のエトランゼ製作委員会

本作はもともと、読み切りで発表された作品が話題となり、「海辺のエトランゼ」から続編「春風のエトランゼ」へと物語が紡がれていった。アニメーションとして映像化するにあたって、どのようなところに気をつけたのだろうか?
「シナリオの段階でキャラクターの感情の流れを、改めて追い直すという作業をしていました。『海辺のエトランゼ』がもともと読み切りのお話だったこともあり、単行本の1話にあたるところで、物語が一度終わった感じがしたんです。そこで、『春風のエトランゼ』に出てくる“海辺”の回想シーンなどを入れつつ、感情がスムーズに伝わるように、要素を足したり引いたりしていました。また、端から見ていると大変なことが起きているように見えないのですが、そのなかでキャラクターが救われたり、逆に救ったりという感情の機微が入ってくるので、そこにできる限り向き合いながら大事に表現したいなとも思いました」

若くして両親を失い、親戚の家に預けられていた知花実央
若くして両親を失い、親戚の家に預けられていた知花実央[c]紀伊カンナ/祥伝社・海辺のエトランゼ製作委員会

原作者、紀伊カンナとの制作エピソード

映画には、原作者の紀伊が作品全体の監修とキャラクターデザインとして参加している。紀伊との間にはどのようなやり取りがあったのだろうか?
「最初に、絵の“線”の出し方について話し合いました。いまのアニメーションは、線が細い繊細な絵が多いのですが、本作では昔のセルアニメのような、線が痩せてしまわない絵をイメージしています。シナリオや絵コンテも随時チェックしていただき、なにか迷った時はLINEでその都度連絡して相談しました」

作品をより良くするためなら、原作の内容を変更することも、紀伊は快諾してくれたそうで、「物語のBパート、原作でいうところの2話の部分なのですが、そこが読み切りから連載になるブリッジ的な役割になると考えました。そこで、2話のラストの駿と実央の心情から逆算し、細かいところを私の方で組み立て直したんです。ただ、原作からのファンの方が本作を鑑賞した際に、コミックスを読み終えた時の気持ちから大きく乖離せず、最後に同じ印象で着地していただけるように注意を払いました」と説明。受けての理解しやすい見せ方を重視しながらも、原作の雰囲気を壊さないように努めていたようだ。

じゃれ合うネコ
じゃれ合うネコ[c]紀伊カンナ/祥伝社・海辺のエトランゼ製作委員会

関連作品

  • 海辺のエトランゼ

    1.0
    88
    沖縄の離島を舞台に小説家の卵と少年の恋愛を描いた紀伊カンナ原作の同名漫画を映画化