吉沢亮、“バッタ嫌い”を克服!「ファンの方を裏切っちゃったという悲しさが…」 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2020/8/28 20:21

吉沢亮、“バッタ嫌い”を克服!「ファンの方を裏切っちゃったという悲しさが…」

吉沢亮「ちょっと乗り越えちゃった」
吉沢亮「ちょっと乗り越えちゃった」

「君の膵臓をたべたい」で知られる住野よるの同名小説を実写映画化した『青くて痛くて脆い』の初日舞台挨拶が8月28日にTOHOシネマズ六本木で開催され、吉沢亮、杉咲花、岡山天音、松本穂香、森七菜、狩山俊輔監督が登壇。バッタ嫌いを公言していた吉沢が、それを克服したこと告白。「僕のファンの方は『吉沢亮はバッタが大嫌い』と思っていると思う。乗り越えてしまって、ファンの方を裏切っちゃったという悲しさがある」と複雑な心境を明かし、会場を笑わせた。

『青くて痛くて脆い』の初日舞台挨拶が開催された
『青くて痛くて脆い』の初日舞台挨拶が開催された

“大切な仲間”と“居場所”を奪われた男子大学生が、嘘と悪意にまみれながらも復讐を果たしていく様を描く本作。吉沢は「ものすごく自分勝手な男。ここまで嫌われそうな役は初めてなので、皆さんがどういう反応をするのかすごく楽しみです」と新境地となったことを明かしていた。

【写真を見る】杉咲花は吉沢亮のおかげで「爆笑できた!」と感謝
【写真を見る】杉咲花は吉沢亮のおかげで「爆笑できた!」と感謝

一方、明るいキャラクターを演じた杉咲は「私自身もいつも以上にポジティブで楽しい気持ちで過ごすことが多かった。ずっと笑っていたような印象があります」とニッコリ。吉沢と向かい合って笑うシーンがあったというが、「(監督から)『とにかく長い時間、笑っていてください』と言われたんですが、吉沢さんと『笑うお芝居って難しいですよね』と話していて」と苦労もあった様子。「そんな時に、吉沢さんがデビュー当時に笑うお芝居を求められた時の話をしてくださって、そのおかげで爆笑できた」と感謝を述べた。

吉沢は「なにかを見て爆笑しなければいけなかった。そのころは“お芝居で笑う”という感覚がわかっていなかったので、どうすればいいんだろうと思って、目をガン開きにして、口もガーって開けて“うわー!”とやった。モニターでチェックしたら、一人だけホラー映画みたいだった。気持ち悪い!と思った瞬間でした」と当時のエピソードを披露。ステージでも大爆笑した杉咲は「おもしろいです。おかげさまでずっと楽しく笑えていました」と語っていた。

また“嘘”が作品の鍵を握ることから、「あなたの人生最大の嘘はなんですか」との質問が投げかけられるひと幕も。かねてより「バッタが苦手」と話しているという吉沢は、今朝出演したテレビ番組でも「人生でバッタに4回、泣かされた。撮影中もバッタから逃げ回っていたと話していた」という。しかし「最近、田舎の緑しか見えないような場所でロケをしていて、それが当たり前の生活をしている。すると、そいつら(バッタ)に慣れてくる。ちょっと乗り越えちゃっている自分がいる」と“バッタ克服”を告白。「でも今朝、“バッタ大嫌い”アピールをしてしまった。心の中では『ちょっと克服しちゃっているんだよな』という申し訳なさもある」と苦笑いを浮かべていた。

取材・文/成田おり枝

関連作品

  • 青くて痛くて脆い

    3.2
    419
    作家、住野よるの同名青春サスペンス小説を原作に吉沢亮×杉咲花W主演で実写映画化