ソン・ガンホ、カン・ドンウォンが出演!是枝裕和監督が韓国映画を初演出 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/8/26 21:00

ソン・ガンホ、カン・ドンウォンが出演!是枝裕和監督が韓国映画を初演出

『万引き家族』(18)の是枝裕和監督が、次回作として自身初となる韓国映画演出作『ブローカー(仮)』を手がけることがわかった。

上段左より是枝裕和監督、ソン・ガンホ(CJエンターテインメント提供)、下段左よりカン・ドンウォン (YGエンターテインメント提供)、ぺ・ドゥナ(ジョルジオ アルマーニ ビューティー提供)
上段左より是枝裕和監督、ソン・ガンホ(CJエンターテインメント提供)、下段左よりカン・ドンウォン (YGエンターテインメント提供)、ぺ・ドゥナ(ジョルジオ アルマーニ ビューティー提供)      

本作は、子どもを育てられない人が匿名で赤ちゃんを置いていくことができるように設置された“ベビーボックス”を巡る人間模様を描いた物語。『パラサイト 半地下の家族』(19)のソン・ガンホ、『ゴールデンスランバー』(19)のカン・ドンウォン、そして監督とは『空気人形』(09)以来のタッグとなるぺ・ドゥナら韓国を代表する俳優が出演する。

是枝監督は「企画のスタートは、今から5年ほど前に遡るかと思います。始まりは、やはり、役者さんでした」とコメント。また、釜山国際映画祭でのガンホとの出会いなど、出演する3人の俳優とのこれまでの交流について触れ、「最初はご挨拶程度でしたが、お話を重ねていくうちに、一緒に映画を、という流れに自然と変化していきました」と、製作のきっかけについて明かしている。

本作は現在はシナリオの準備段階で、2021年にクランクインの予定となっている。フランス語と英語で演出した前作『真実』(19)に続き、母国と母国語から離れての映画作りで監督はどんな新しい世界を見せてくれるのか。続報を楽しみに待とう。

関連作品

  • 真実

    3.2
    155
    カトリーヌ・ドヌーヴ他、国際派俳優が共演する、是枝裕和監督が手掛ける人間ドラマ
  • 空気人形

    3.6
    0
    ぺ・ドゥナ主演、是枝裕和監督で業田良家の同名コミックを映画化