• COLUMN

驚愕!本物の「事故物件」で、リモートワークをしてみたら…?

2020年8月23日 22:00

写真に映っていたものとは…
写真に映っていたものとは…写真/黒羽政士

「いつもお世話になっております。松竹のKと申します。突然のご連絡で恐縮なのですが、事故物件に行きます。とても怖いので、ぜひ同行のうえ記事にしていただけないでしょうか。ご検討のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」。
8月上旬、編集部にこのような依頼が届いた。なんだかわからないが、興味を惹かれるまま取材することにした。

『事故物件 恐い間取り』とはなんぞや

実話をもとにした本作
実話をもとにした本作[c]2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会

「事故物件」とは殺人など事件や、自殺、火災などの事故、住人の孤独死といった入居者の死の現場となった物件を指し、不動産会社では「心理的瑕疵」ありと通告することが義務づけられた、いわゆる“いわくつき”の部屋だ。
8月28日(金)より公開される『事故物件 恐い間取り』は、「事故物件住みます芸人」として活動する松原タニシの実体験をまとめた著書を原作に、亀梨和也が売れない芸人の山野ヤマメ役で主演を果たしたホラー映画。ヤマメを密かに応援するメイクアシスタントを奈緒が演じ、ヤマメの元相方を瀬戸康史が演じているほか、有野晋哉、濱口優、団長安田、クロちゃんをはじめとした芸人が多数出演していることも話題。監督は『リング』(98)でJホラーブームを起こし、『スマホを落としただけなのに』(18)のヒットも記憶に新しい中田秀夫が務めた。

山野ヤマメ(亀梨)を襲うものとは…
山野ヤマメ(亀梨)を襲うものとは…[c]2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会

芸人の山野ヤマメ(亀梨)は、中井大佐(瀬戸)とお笑いコンビを組んでいたがまったく売れず、中井からコンビを解散し放送作家になると告げられる。突然ピン芸人となり途方にくれるヤマメは、番組プロデューサーの松尾雄二(木下ほうか)から番組への出演を条件に「事故物件に住んでみろ」と無茶ぶりされ、殺人事件が起きた物件で暮らすことになる。
様々な怪奇現象に遭遇したヤマメは“事故物件住みます芸人”としてブレイクしていくが、霊感を持つメイクアシスタントの小坂(奈緒)はヤマメを密かに心配する。そしてヤマメが見つけたある事故物件には、想像を絶する恐怖が待っていたのだ…。

写真/黒羽 政士

関連映画

関連映画ニュース