三谷幸喜×香取慎吾「誰かが、見ている」に総勢16名のキャスト結集!特別映像も公開 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/8/20 6:00

三谷幸喜×香取慎吾「誰かが、見ている」に総勢16名のキャスト結集!特別映像も公開

主演に香取慎吾を迎え、脚本、演出を三谷幸喜が務めるAmazonオリジナルシリーズのドラマ「誰かが、見ている」。9月18日(金)よりAmazon Prime Videoにて独占配信される本作より、特別映像とキャラクタービジュアルが解禁された。

個性あふれるキャスト陣が集結!
個性あふれるキャスト陣が集結![c]2020 Amazon Content Services LLC

映画、ドラマ、舞台とこれまでに何度もタッグを組んできた三谷と香取が初の配信作に挑む。三谷演出の思いがけない仕掛けや香取のユーモラスな演技が満載の本作は、舞台でもテレビドラマでもない、まさに新感覚エンターテインメントの誕生となった。

このたび、キャラクタービジュアルとともに到着した特別映像には、本作の個性的なキャスト陣が総出演。ありえないハプニングを巻き起こす香取演じる舎人真一と、舎人を取り巻く人々が生みだす、たくさんのユーモアと底抜けに明るい”笑い“にあふれた内容となっている。

三谷作品といえば、豪華なキャストが結集するのも見どころ。本作にも、くっきー!(野性爆弾)、西田敏行、高嶋政宏、寺島進、稲垣吾郎、山谷花純、近藤芳正、松岡茉優、橋本マナミ、八嶋智人、さとうほなみ、小日向文世、大竹しのぶ、新川優愛、小池栄子らがゲスト出演者として名を連ねた。

稲垣は三谷から「往年の漫才師が出てたような安心感があった」と言葉をかけられたことを振り返り、舎人の母、尚美役の夏木マリは「いまやりたい形のドラマをやらせていただけて楽しい」とコメント。あわせて、山寺宏一、戸田恵子らが声の出演を果たし、三谷自身も“ある役”で登場することが明らかになった。

数々の作品で日本に笑いを届けてきた三谷と、強烈なキャラクターを多々演じてきた香取、そして脇を固める実力派キャストによる日本発の“新感覚エンターテインメント”に期待したい。