空知英秋描き下ろし『銀魂 THE FINAL』全員集合の“卒業ビジュアル”が到着! |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/8/20 8:00

空知英秋描き下ろし『銀魂 THE FINAL』全員集合の“卒業ビジュアル”が到着!

シリーズ累計発行部数5500万部を超える空知英秋の原作コミック「銀魂」の劇場版アニメーション第3作目『銀魂 THE FINAL』(2021年1月8日公開)。このたび、アニメ劇場版「銀魂」初となる、原作者の空知英秋による貴重な描き下ろしビジュアルが到着。あわせて、本作が“原作のラスト”をベースに制作されていることも明らかになった。

原作者の空知英秋による『銀魂 THE FINAL』描き下ろしビジュアルが完成!
原作者の空知英秋による『銀魂 THE FINAL』描き下ろしビジュアルが完成![c]空知英秋/劇場版銀魂製作委員会

壮絶アクションや抱腹絶倒のギャグ、そして人情まで詰め込んだ痛快エンターテインメントとして世界中のファンに愛され続けている「銀魂」。15年間続いてきたアニメシリーズは、本作で“今度こそ本当に”(!?)終わることが発表されており、キャラクターデザインも本作のために一新。“原作のラスト”をベースに制作が進められ、オリジナル要素も盛り込まれる予定だ。

描き下ろしビジュアルには、銀さん、新八、神楽、定春、近藤、土方、沖田、桂、高杉、妙、お登勢、キャサリン、たま、九兵衛、神威、星海坊主ら総勢34名が一同に描かれ、「バイバイ、銀さん」というコピーと思い出の品を青空に投げるキャラクターたちの姿が印象的だ。その先には、マダオやエリザベスの姿も…。全員集合の”卒業ビジュアル“が、「銀魂」の生みの親である空知によって描かれ、キャラクター大集合のお祭り騒ぎを期待させる。


さらに、銀魂ファン界隈ではおなじみの「銀魂」初代編集担当で現「週刊少年ジャンプ」大西恒平メディア担当編集長が、最後の『銀魂』を見届けるため担当としてカムバック。「ONE PIECE担当して、編集長にまでなって、出世コース邁進してウハウハだったんですが、なんの因果かこのタイミングで、また最悪の戦場に戻ってきてしまいました…。責任取りたくないよ、恐いよ…」とコメントしている。

今回のビジュアルは、上映予定劇場(一部を除く)で8月22日(土)より順次掲出。同時配布されるチラシの裏面には、過去の場面写真やこれまでの謝罪の歴史の振り返りが掲載され、こちらもファン必見のデザインとなりそうだ。なお、原作者の空知は本ビジュアル以外にも様々な形での全面協力が決定しており、キャスト、スタッフが魂を懸けたアニメ「銀魂」のラストランから、まだまだ目が離せない!

文/富塚沙羅

関連作品