メーガン妃夫妻の暴露本、英王室のみならずキャサリン妃の家族も攻撃!? |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

セレブリティ 2020/8/16 14:30

メーガン妃夫妻の暴露本、英王室のみならずキャサリン妃の家族も攻撃!?

8月11日に、ヘンリー王子とメーガン妃の王室離脱までの舞台裏を描いた暴露本「Finding Freedom Harry and Meghan and the Making of a Modern Royal Family(自由を探して)」が全世界同時発売された。共同執筆者の王室ジャーナリスト、オミッド・スコビーと、王室コントリビューターのキャロリン・デュランドは、夫妻の関与を否定し、また「これまでメディアでゆがめられた2人の誤解を解きたい」と執筆の目的について語っているが、結果的には英王室に宣戦布告した形となっている。その矛先はヘンリー王子の親友やキャサリン妃の母親にまで及んでいたようだ。

ヘンリー王子の従妹であり友人のユージェニー王女は、2018年10月に結婚式を挙げたが、「その際に、式場でヘンリー王子とメーガン妃が家族や友人らに妊娠のニュースを伝えていたことについて、注目がそらされるとして不快に思っていた。挙式の3日後に正式に妊娠を発表したことでますます結婚式のニュースが埋もれてしまったことについて、『(メーガン妃は)もう少し待てばよかった』と友人に語っていた」という。

また2017年5月に行われたキャサリン妃の妹ピッパとジェームズ・マシューズの挙式に、当時ピッパが設定した「配偶者や婚約者以外の同伴者はNG」というルールによって、メーガン妃が式に姿を現すことはないとされていたが、メーガン妃に招待状を送ったとされており、出席が伝えられていた。

しかし暴露本によれば、最終的に欠席したことについて、「キャサリン妃の母キャロルとピッパは、メーガン妃が出席することによってメディアの注目がメーガン妃に集まることを懸念し、出席には乗り気ではなかったが、それでもしぶしぶ招待した。メーガン妃は自分たちに注目が集まらないように、派手な衣装をやめメイクも自分でするつもりだったが、メーガン妃が直前に出席をやめたのは、『The Sun』が、『ピッパVSメーガン、挙式でのお尻対決』(2011年のキャサリン妃の挙式で、ピッパの後ろ姿のお尻が注目された)という見出しを報じたから」だという。

問題はその後だ。「その後、華美にならない衣装を選んでレセプションに出席したメーガン妃は、ヘンリー王子と一緒に楽しめると思っていたが、ピッパの意向で、一緒にいることは許されなかった。まだ婚約もしておらず知り合いのいないメーガン妃は話す人がおらず、ここでロジャー・フェデラーの妻と知り合った。ヘンリー王子と再び会えたのは、ディナーが終了した後のダンスフロアだった」という。

メーガン妃と言えば、今年1月の王室離脱発表はキャサリン妃の誕生日前日、4月のウィリアム王子とキャサリン妃の結婚記念日に初のビデオ出演、そしてこれはあらかじめ決まっていたとはいえ、4月に新型コロナウイルスに感染したジョンソン首相が集中治療室に入ったことが報じられた日に、創設予定の非営利組織についてのインタビューが公になるなど、意図的とも思えるタイミングで自分たちのイベントをぶつけてくることから、これらの暴露については、「周囲全員を悪者扱いは、夫妻の人間性を疑われることになり残念」「婚約してないし、欠席でしょ普通」「ただただ、唖然」「私でも、ユージェニー王女やピッパと同じように感じたり、したと思う」「これで気を使っているのに…って言われても」といった声が寄せられている。

NY在住/JUNKO