• NEWS

大倉忠義が元宝塚娘役とデート!?『窮鼠はチーズの夢を見る』新写真が解禁

2020年8月13日 08:00

行定勲監督がメガホンをとり、大倉忠義、成田凌が初共演を果たした映画『窮鼠はチーズの夢を見る』(9月11日公開)。同作より大倉が演じる大伴恭一と彼の妻とのデートショットが解禁された。

【写真を見る】仲睦まじそうな夫婦を演じる大倉忠義と咲妃みゆ
【写真を見る】仲睦まじそうな夫婦を演じる大倉忠義と咲妃みゆ[c]水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

好きになってはいけないと頭ではわかりながらも、どうしようもなく惹かれてしまう葛藤や強い嫉妬心。そんな複雑な感情を痛いほどリアルに、時に涙が出るほど美しく描いた本作。学生時代から自分を好きになってくれる女性と受け身の恋愛ばかりを繰り返してきた恭一が、彼を慕い続けていた後輩の今ヶ瀬渉(成田)と7年ぶりに再会し、想いを告げられるところからふたりの物語が始まる。

この物語で恭一の妻、知佳子を演じるのが、本作が映画初出演となる元宝塚雪組トップ娘役の咲妃みゆ。劇中では知佳子が夫の浮気を疑い、興信所に不倫調査を依頼。その調査をくしくも今ヶ瀬が担当することになり、ふたりの再会のきっかけを作ってしまう。そんな知佳子の複雑な心情を切り取った2枚の場面写真が解禁となった。

夫に不信感を募らせる知佳子(咲妃みゆ)
夫に不信感を募らせる知佳子(咲妃みゆ)[c]水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

1枚は、なに不自由のない生活を送りながらも夫への不信感を募らせている知佳子の表情が映しだされている。もう1枚には、久しぶりのショッピングデートで笑顔を浮かべる夫婦の姿が。撮影時の大倉の印象について咲妃は「真剣な眼差しで、時には笑顔を交えながら監督と意見交換している姿が眩しかった」とコメント。さらに、優しく話しかけてくれる大倉のおかげで「気持ちが救われた」と振り返っている。

7年ぶりの再会、突然の告白。時に繊細に、時に大胆に描かれる狂おしくもせつない恋の物語に期待が高まるばかりだ。

文/トライワークス

関連映画

関連映画ニュース