• INTERVIEW

“東宝シンデレラ”浜辺美波&福本莉子が語る、共演作で過ごした“青春”。憧れの大女優は?

2020年8月14日 21:30

もうすぐ20歳!2人見つめる未来とは…
もうすぐ20歳!2人見つめる未来とは…撮影/黒羽政士 スタイリング(福本莉子)/名武久真理江 衣装協力/yee・NORTH WORKS・Create Clair

咲坂伊緒の人気コミックを映画化した『思い、思われ、ふり、ふられ』(公開中)で、女優の浜辺美波と福本莉子が、影響を与え合う女子高生役で共演を果たした。「東宝シンデレラ」オーディションをきっかけに芸能界入りし、今年20歳を迎える2000年生まれという共通点のある2人。恋愛観をはじめ、成長できた転機となる作品や憧れの女優像など、笑顔いっぱいに語り合ってもらった。

『思い、思われ、ふり、ふられ』に旬のキャストが勢揃い!
『思い、思われ、ふり、ふられ』に旬のキャストが勢揃い![c] 2020「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 [c] 咲坂伊緒/集英社

明るく社交的な朱里(浜辺)、朱里の義理の弟であり葛藤を抱えるクールな理央(北村匠海)、内向的でうつむきがちな由奈(福本)、さわやかで天然な和臣(赤楚衛二)。本作は、同じ高校に通う4人それぞれの想いが絡み合い、せつない恋が動きだす様を描くみずみずしい青春映画だ。

「恋愛観に関して、私は“夢みがちなタイプ”かも」(浜辺)

【写真を見る】キュートすぎる…浜辺美波&福本莉子が、シンクロポーズで魅了する撮り下ろし!
【写真を見る】キュートすぎる…浜辺美波&福本莉子が、シンクロポーズで魅了する撮り下ろし!撮影/黒羽政士

朱里と由奈は、対照的な性格ながら、自分にないものを持つ者同士、お互いに影響を与え合っていく。演じた役柄に共感できた点はあるだろうか。

浜辺は「原作を読んだ時は、どちらかというと由奈に共感できた」というが、朱里の心の奥底を見つめていくうちに、彼女に愛おしさを感じたという。「朱里は一見、明るくてとても器用な女の子に見えるのですが、恋愛のこととなると、年相応な面が見えてきて、必死に青春を生きているんだなと感じました。大人っぽくて余裕があるようにも見えますが、そう見せようとしているだけなんだなと。それを感じた時に、朱里がすごく愛おしくなったんです」。

一方の福本は「由奈は人見知りで、夢みがちな女の子。でも4人のメンバーのなかで、由奈は誰よりも強くて、自分に嘘がつけない。そして少し頑固なところもあるんです」と役柄を分析。「私自身、嘘がつけなかったり、少し頑固なところがあったりするので共感できました」と心を寄せる。

それぞれの恋の行方は?
それぞれの恋の行方は?[c] 2020「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 [c] 咲坂伊緒/集英社

ただ恋愛観については、2人ともが役柄とは逆のタイプだそう。福本が「恋愛観に関しては、朱里ちゃんに共感ができました。夢みがちな由奈とは違って、私は結構リアリストなんです」と語ると、浜辺は「私は夢みがちかも。『王子様が来てくれないかな!』と思っちゃう。絵本のなかの王子様に憧れてしまうようなところがあって、ステキな人が突然、馬に乗って現れて『結婚しよう』と言ってきたら、手を取ってしまうかもしれない」と楽しそうに告白。福本は「危ないよ!やめて!」と笑いながら、「私はきっと、『あなたは誰ですか?』って言っちゃう」と恋愛トークに花を咲かせる。

関連映画

関連映画ニュース