• EVENT

渡辺直美がドラえもんソックリの装いを披露!弘中アナ&のび太「双子に見える!」

2020年8月8日 13:08

渡辺直美、声優オファーに「実写版ドラえもん役かと思った」
渡辺直美、声優オファーに「実写版ドラえもん役かと思った」

「映画ドラえもん」シリーズ40作目となる『映画ドラえもん のび太の新恐竜』の公開記念舞台挨拶が8月8日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、ゲスト声優を務めた渡辺直美がドラえもんそっくりの装いで登場。MCを担当したテレビ朝日の弘中綾香アナウンサーから「フォルムもドラえもんに似ている」と言われると、「はっきりとストレートに言いましたね」とツッコんだ渡辺。オファーが来た際には「実写版のドラえもん役だと思った」そうで、「ついにこの日がと思ったら、違いました」と続け、周囲の笑いを誘った。

『映画ドラえもん のび太の新恐竜』の公開記念舞台挨拶が開催された
『映画ドラえもん のび太の新恐竜』の公開記念舞台挨拶が開催された

「ドラえもん」のまんが連載50周年作品となる本作。のび太が双子の恐竜キューとミューに出会って始まる物語で、6600万年前の白亜紀を舞台にのび太たちが大冒険を繰り広げる。舞台挨拶にはドラえもん、のび太、今井一暁監督も出席。ドラミちゃんをイメージした衣装に身を包んだ弘中アナは、映画の内容とかけて「ドラちゃんと直美さん、双子ぐらいそっくり」、のび太も「双子に見える!」と評していた。

のび太たちの冒険を密かに監視する怪しい女、ナタリー役として声優を務めた渡辺。「記念すべき作品に出させていただいて、本当にうれしい」と喜びを明かしながらも、「声だけの演技はあまり経験がなく、顔芸だけでここまでやって来たので。声だけで伝えるのがすごく難しかった」と苦労もあった様子。「セクシーな役柄だったので、監督が『もっとセクシーにお願いします』など、優しく指導してくださった」と支えてくれた今井監督に感謝しきりだった。

【写真を見る】渡辺直美&ドラえもんが揃い踏み!「双子に見えるぐらいソックリ」と評された
【写真を見る】渡辺直美&ドラえもんが揃い踏み!「双子に見えるぐらいソックリ」と評された

渡辺はこの日、青×白のドラえもんカラーのワンピースに、髪飾りやネックレスとして鈴をつけ、耳にはどら焼き型のイヤリングをつけるなど、ドラえもんをイメージしたコーディネートで現れた。ドラえもんは「とっても似合っていて、ステキでかわいい!」と大絶賛。「なによりも気になっているのは、お耳!大好物のどら焼き!」と渡辺の耳をじっと見つめると、渡辺は「今日の日のために準備した、どら焼きのイヤリング。重すぎて耳がちぎれそうです」と笑い飛ばしていた。

新型コロナウイルスの影響で春公開の予定が延期となり、ようやく公開を迎えた。今井監督は「映画制作中はまさかこういう状況になるとは夢にも思っていなかった」と切りだし、「ストレスを受けているのは子どもたち。そんな彼らが短い時間であっても、心からハラハラワクワクして、泣いて笑って楽しい時間を過ごしてくれたら、こんなにうれしいこと、誇らしいことはない」としみじみと語っていた。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース