• INTERVIEW

King & Prince永瀬廉、前髪パッツンで挑んだ『弱虫ペダル』は「僕のジャニーズ史に残る役作り」

2020年8月14日 18:30

「伊藤健太郎くんと『恋人の聖地』へ行き、2人で写真を撮りました(笑)」

チーム総北のメンバーたち
チーム総北のメンバーたち[c]2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 [c]渡辺航(秋田書店)2008

アニメ好きな坂道が、劇中で大好きなアニメの主題歌を歌いながら自転車を漕ぐシーンが実におちゃめだ。「至るところで歌いました。秋葉原へ向かうシーンは街中で撮影をしたのですが、通行人の方との距離が近くて、僕が『ヒーメヒメヒメ』と歌う声が聞こえてしまうので、少し恥ずかしかったです」と苦笑い。

熾烈なレースを繰り広げていく
熾烈なレースを繰り広げていく[c]2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 [c]渡辺航(秋田書店)2008

現場では、劇中さながらに、伊藤健太郎らほかのキャストとの友情を育んでいったという永瀬。永瀬も伊藤もお互いに人見知りだというが、地方ロケで一緒に過ごすうちに、距離感を縮めていったそうだ。

「三重でのロケでは、休憩の合間に2人で伊勢うどんを食べに行きました。食べながら他愛もない話をたくさんしました。伊勢うどんはすごくおいしくて、撮影期間はほかの人も連れて、何度も通っていたので、店員さんに顔を覚えられていたと思います。また、伊勢志摩スカイラインの『恋人の聖地』で、カップルの方が写真を撮っていたので、僕も健太郎くんと2人で、ソフトクリームを手に写真を撮りました(笑)」。

関連映画

関連映画ニュース