• EVENT

永瀬廉、5歳の女の子からの質問にほっこり…『弱虫ペダル』ご当地最速試写会にサプライズ登場!

2020年8月6日 21:32

『弱虫ペダル』のご当地最速試写会のサプライズリモートイベントに参加した永瀬廉
『弱虫ペダル』のご当地最速試写会のサプライズリモートイベントに参加した永瀬廉

King & Prince の永瀬廉主演で、スポーツ青春漫画を実写映画化した『弱虫ペダル』(8月14日公開)。原作の聖地であり、ロケ地でもある千葉県で、8月6日に、ご当地最速試写会サプライズリモートイベントが実施された。上映後に、永瀬、伊藤健太郎、坂東龍汰の主要キャスト3人がリモートでスクリーン上にサプライズ登場し、会場を沸かせた。

上映終了後、「キャストによる特別コメントを流させていただきます」と劇場にアナウンスが流れたあと、スクリーンに永瀬、伊藤、坂東の姿が登場。

永瀬は「映画『弱虫ペダル』いかがでしたか?『弱虫ペダル』のご当地である千葉県の皆さんに、誰よりも早く、完成した映画を観ていただけて、とても嬉しいです」と喜ぶと、伊藤も「全国で最初に観た方々ですからね。みなさんの表情をみて、直接感想を聞きたかったですね」と言い、会場が色めき立つ。

イベントを盛り上げた永瀬廉、伊藤健太郎、坂東龍汰
イベントを盛り上げた永瀬廉、伊藤健太郎、坂東龍汰

さらに、坂東が「そうですね。直接会いに行けたらうれしかったんですけどね」とまるで収録コメントかのような話ぶりをしたが、その直後、永瀬が「となると思って…実はこれ、リモートでつなげてもらってます!」と明かすと、あまりの驚きに唖然とする客席。

伊藤が、客席が映っているモニターを見せると、実際につながっている実感が沸いた観客席から、大きな拍手が巻き起こった。

その後、昨日完成したばかりの映画の試写会を敢行できた気持ちを聞かれた永瀬は「スタッフ誰もが完成するのかを心配していましたが、こうして映画をちゃんと届けることができて、とてもうれしいです」と安堵の様子を浮かべた。さらに「手に汗握る瞬間が多く、早くいろんな人に観てもらうのが楽しみです。来週、無事公開を迎えられるということは、とても幸せなことだと思います」と感慨深い表情を見せた。

さらに、もう一つのサプライズで「弱虫ペダル」の原作者である渡辺航が、客席で映画を鑑賞していたことが発表され、客席からは拍手が挙がる。映画を初めて観た渡辺は「CG全盛の時代に全員がちゃんと自転車に乗って走りながら、そしてしゃべりながら演技をしているところに感動しました」と本作への賛辞を送った。

それを受けて永瀬は「一気に肩の力が抜けました。『弱虫ペダル』を作った先生の言葉は本当に自信につながります」と胸を張り、伊藤も「実写化する意味を見つけられたらと思っていたのですが、そんななかで先生にそう言っていただけてとてもうれしいです」と喜んだ。

その後、観客からの直接質問にも答えた永瀬たち。5歳の女の子からも質問が入り、キャスト3人が思わず「かわいい」と和むひと幕も。女の子が「映画、楽しかったです。どうすれば上手に自転車に乗れるようになりますか?」と質問すると、永瀬は「俺と一緒に乗りましょう!」と答えた。伊藤と坂東は「それ以上のカッコイイ正解はない!」と苦笑い。

気を取り直して、伊藤が「こけてもこけてもあきらめないで、乗り続けることが大切」とアドバイスすると、永瀬が「自転車に限らず、そのあきらめない気持ちはどんなことにも通じる大切なこと」と優しく諭した。

続いて坂東が「自転車仲間を作って、友達と楽しく、刺激し合いながら自転車に乗ることが大事だと思います」と答えると、永瀬も「仲間と一緒に自転車で走る楽しさを身をもって経験しました」と充実感あふれる表情で語った。

『弱虫ペダル』は、累計2500万部突破の大人気スポーツ青春漫画初の実写映画化作品。主人公であるアニメ好きの高校生、小野田坂道役を永瀬が、自転車競技部の仲間、今泉俊輔役を伊藤が、鳴子章吉役を坂東龍汰が、マネージャーの寒咲幹役を橋本環奈が演じる。

文/山崎伸子

関連映画

関連映画ニュース