• INTERVIEW

竜星涼、『ぐらんぶる』は「裸だからこそおもしろい!」みなぎるチャレンジ精神と俳優としての転機

2020年8月8日 21:30

竜星涼、『ぐらんぶる』を「『ビーチボーイズ』みたい」と勘違い!?
竜星涼、『ぐらんぶる』を「『ビーチボーイズ』みたい」と勘違い!?撮影/黒羽政士

累計発行部数555万部を突破する人気コミックを映画化した青春コメディ『ぐらんぶる』(8月7日公開)で、“史上もっとも服を着ていない主人公”に抜てきされた俳優の竜星涼。映画冒頭から驚くほどの脱ぎっぷりで観る者をクギづけにするが、竜星は「夏の海を舞台にしたバディものだと聞いて、(1997年のテレビドラマ)『ビーチボーイズ』みたいだなと思ったんです。それが…」とオファーを受けた当時を述懐し、「まさかここまで脱ぐことになるとは!」と楽しそうにニッコリ。“ほぼ全裸”で過ごした本作ならではの撮影秘話や、俳優としての転機までを語ってもらった。

累計発行部数555万部を突破する人気コミックを映画化した『ぐらんぶる』
累計発行部数555万部を突破する人気コミックを映画化した『ぐらんぶる』[c]井上堅二・吉岡公威/講談社[c]2020映画「ぐらんぶる」製作委員会

キラキラな大学生活を送るはずだった伊織(竜星)と耕平(犬飼貴丈)が、常識の通用しないぶっ飛んだダイビングサークル「ピーカブー」のメンバーに囲まれ、予想外の青春を送る姿を描く本作。主に衣装の面で、“映像化不可能”と言われてきたコミックの実写映画化に『ヒロイン失格』(15)や『前田建設ファンタジー営業部』(20)の英勉監督が挑んだ。

「『ぐらんぶる』は、裸だからこそおもしろい!」

【写真を見る】竜星涼と犬飼貴丈が裸でギュ!
【写真を見る】竜星涼と犬飼貴丈が裸でギュ![c]井上堅二・吉岡公威/講談社[c]2020映画「ぐらんぶる」製作委員会

キャンパス内を全裸で爆走するオープニングにはじまり、“史上もっとも服を着ていない主人公”として奮闘することになった竜星。

オファーを受けた際には、原作を詳しくは知らなかったそうで、「ダイビングもので、夏の海を舞台にしたバディもの。なんだか、かっこいいじゃないですか!『ダイビングの映画なので、多少は脱ぐことになる』という話でしたが、バディものをやってみたかったですし、『ビーチボーイズ』みたいだな」と、かっこいい作品を思い浮かべたと話し、「ここまで脱ぐことになるとは。半分、だまされたような感じですね(笑)」とこぼしつつ、楽しそうな笑顔を見せる。

「ファンの方たちは、『ぐらんぶる』のどんな要素が好きなんだろう」と研究するために原作を手に取り、「この作品は裸にならないと成立しない」と実感したという。

「原作の漫画やアニメを観ると、裸の持つパワーやエネルギーって、すごいなということが感じられて。『裸だからこそ、おもしろいんだ』ということがひしひしと伝わってきた。『この作品は裸にならないと成立しない』と思ってからは、自然な流れで裸の撮影に向かいました」と覚悟した。実際、撮影に入ってみると本作ならではの苦労もあったようで、「草むらで寝っ転がるシーンがあって。洋服を着ない状態で草むらで行動すると、虫に刺されるんですよ。僕は見事に毛虫に刺されてしまって、服って大事だなと、布の大切さを痛感しました」と振り返っていた。

関連映画

関連映画ニュース