• INTERVIEW

「ドラえもん」レギュラーキャストが語る、声優交代から15年の歩み。年月を重ねて「家族的になってきた」

2020年8月9日 09:30

「気づかないうちに『ドラえもんが出ている』と、周りから言われます(笑)」(水田)

【写真を見る】「ドラえもん」レギュラー声優が仲良くポーズ!国民的キャラクターを演じる覚悟と責任感を明かした
【写真を見る】「ドラえもん」レギュラー声優が仲良くポーズ!国民的キャラクターを演じる覚悟と責任感を明かした撮影/成田おり枝

ーーこの場で拝見していても皆さん息がぴったりですが、15年ご一緒されてきて、よりメンバーの絆が深まっているなと思うことはありますか?

関「ずっと一緒にいれば、いろいろなところがわかってきますね。ファミリーとして認め合いながら、ここまで進んでこられたと思っています。もともと仲がよかったですが、出会った時よりもそれが深くなって、家族的になってきているのかな」

木村「そんな気がしますね。多くを語らずとも、お互いの状況がわかる」

関「あうんの呼吸ってやつですね」

大原「私は日常ものび太くんに近いタイプなので、みんなに助けてもらう機会が多くて。キャラクターも自分もリアルに助けてもらっている。本当に感謝しています(笑)」。

木村「大原さん、いつもコーヒーをおごってくれるんです」

関「おどしているんじゃなくて?」

木村「していません(笑)!いつもごちそうしてくれる」

大原「ジャイアンとのび太くんのキャラクターで考えると、おどされているとイメージされそうですが決してそんなことはありません(笑)」

一同「あはは!」

かかず「でも年々、それぞれがキャラクターに見えてくることはありますね」

ーーそうなんですか!演じるキャラクターに似てきたかもしれないと思うところはありますか?

関「僕はお金持ちになりました。だいぶ潤いましたねえ(笑)」

木村「そのうち、『ドラえもん』の映画も関さんが作るかも(笑)」

かかず「ジャイアンとスネ夫さんのように、関さんと昴くんもいいコンビなんですよ。収録中もいつも同じ動きをしている」

木村「スネ夫の出番になって、マイク前に向かって関さんが立ち上がると、僕も一緒に立ち上がっちゃう。そして『ここ、ジャイアンしゃべってないじゃん』となる。あれ、すごく恥ずかしいんですよね…」

大原「それ、あるある!私もドラえもんが動くと、自分も一緒に動きたくなっちゃう」

水田「昴くんが“間違って立ち上がって、座る”というのは、もう何度も見ていますね(笑)。自分ではドラえもんに似てきたと思うことはないですが、周りから言われることはあります。おいしいものを食べて『うまい!』って言った時に、『いまの言い方、ドラえもんのままだったよ』って言われたり、あくびをして、『ドラえもんのあくびだ!』と言われたり。気づかないうちに出てしまう時があります(笑)」

『映画ドラえもん のび太の新恐竜』は公開中!
『映画ドラえもん のび太の新恐竜』は公開中![c]藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2020

取材・文/成田おり枝

関連映画

関連映画ニュース