“非正規歌人”の遺作『滑走路』、魂の叫び感じる予告編&ポスター解禁 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/8/5 4:00

“非正規歌人”の遺作『滑走路』、魂の叫び感じる予告編&ポスター解禁

32歳で突然この世を去った“非正規歌人”萩原慎一郎のデビュー作にして遺作となった「歌集 滑走路」。11月に実写映画の公開を控えた本作の、魂の叫びを感じさせるエモーショナルな予告とポスターが到着した。

萩原慎一郎の遺作を映画化した『滑走路』予告編&ポスター解禁
萩原慎一郎の遺作を映画化した『滑走路』予告編&ポスター解禁[c]2020 「滑走路」製作委員会

いじめや非正規雇用を経験しながらも、生きる希望を綴った「歌集 滑走路」は、苦悩を抱える人々の共感を集め、歌集としては異例のベストセラーを記録した。その原作歌集をモチーフに、オリジナルストーリーとして展開していく本作。厚生労働省に勤め、激務に追われながら非正規雇用問題に取り組む若手官僚が、非正規雇用が原因で自死した人のなかに、自分と同じ25歳の青年がいたことに関心を抱き、死の理由を調べ始めるという、非正規やいじめ、過労、キャリア、 自死 、家族など若い世代が抱える現代社会の問題にスポットを当てたストーリーになっている。

今回公開された予告映像では、浅香航大扮する若手官僚の鷹野と、水川あさみ扮する自分のキャリアに不安を感じている切り絵作家の翠、そして新人の寄川歌太が演じるいじめの標的になってしまった中学生の3人が、一人の人物の死を巡り交錯していく様子が描かれている。最後に映しだされる「きみのため用意されたる滑走路 きみは翼を手にすればいい」という、原作歌集におさめられた一首がまた胸を打つ。1機の飛行機がタイトルにかかり、青空が印象的なポスターも、「魂の叫び」と「希望」を感じさせるビジュアルに仕上がっている。

Sano ibukiが映画のために書き下ろした主題歌「紙飛行機」の音源も初お披露目となった予告編。現代をもがき生きる苦しみだけではなく、希望も感じさせる映像をぜひチェックしてほしい。

文/トライワークス

関連作品

  • 滑走路

    5.0
    111
    萩原慎一郎による同名短歌集を原作に水川あさみ×浅香航大×寄川歌太共演で映画化