乃木坂46次世代エース・与田祐希がメンチを切る!?ギャップ満載なクーデレ姿がかわいい! |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2020/8/14 22:15

乃木坂46次世代エース・与田祐希がメンチを切る!?ギャップ満載なクーデレ姿がかわいい!

乃木坂46の次世代エースとも言われている与田祐希。アイドル業はもちろん、モデルとしても雑誌の表紙を飾るなど幅広く活躍している。そんな彼女が初出演する映画『ぐらんぶる』が公開中!本作で、アイドルとしては絶対に見せないような“裏”の顔を披露している…!?

乃木坂46次世代エースの与田祐希が初出演映画でまさかの表情を披露!
乃木坂46次世代エースの与田祐希が初出演映画でまさかの表情を披露![c]井上堅二・吉岡公威/講談社 [c]2020 映画「ぐらんぶる」製作委員会

ダイビングサークルの波乱万丈な日常を描き、突き抜けた笑いで人気を博している累計発行部数500万部超の人気コミックを実写化した『ぐらんぶる』。本作は、キラキラとしたキャンパスライフを送ることだけを目標に国内でも珍しい離島にある大学に進学した新入生の北原伊織(竜星涼)が、成り行きから常識がいっさい通用しないぶっ飛んだダイビングサークル「ピーカーブー」に入ってしまい、波乱に満ちたキャンパスライフを送っていくという青春コメディだ。

海が舞台ということもあり(?)、隙あらば全裸の男たちがスクリーンにずらりと並ぶ…、現役バリバリのアイドルにもかかわらず、そんな映画に出演してしまっている与田が演じているのは、主人公の伊織と同じ大学の同じ学部に通い、ピーカーブーにも所属するいとこの古手川千紗だ。

主人公のいとこでクールな女子大生、古手川千紗を演じている
主人公のいとこでクールな女子大生、古手川千紗を演じている[c]井上堅二・吉岡公威/講談社 [c]2020 映画「ぐらんぶる」製作委員会

小動物っぽいルックスやお団子ヘアのかわいらしい印象を放っている千紗は、その見た目の雰囲気とは裏腹にバカ騒ぎする男たちには目もくれないクールな性格の持ち主だ。悪ふざけが過ぎる屈強な男たちに対し、いざとなれば金属バッドを振り回したり、飛び蹴りをかましたりと…対等以上に渡り合ってしまうことも。メンチを切るギラついた眼差しや、怒りのあまりに白目をひん剥いた表情など、アイドルの時とはかけ離れた顔は、本作のだれよりもぶっ飛んでいる印象すら受けてしまう。

【写真を見る】バッドを担いでメンチを切る…与田祐希が裏の顔を披露!
【写真を見る】バッドを担いでメンチを切る…与田祐希が裏の顔を披露![c]井上堅二・吉岡公威/講談社 [c]2020 映画「ぐらんぶる」製作委員会
男たちに対するナチュラルな嫌悪の表情もなんともかわいい…
男たちに対するナチュラルな嫌悪の表情もなんともかわいい…[c]井上堅二・吉岡公威/講談社 [c]2020 映画「ぐらんぶる」製作委員会

そんな千紗だが、海をこよなく愛しており、ダイビングの話をしている時に見せる柔らかい表情はとにかくキュート。実は与田は、自身も福岡県の志賀島という離島育ちで、スキューバダイビングの資格を持っているなど、役柄とリンクするところも多数。ダイビングへの愛など偽りのない演技を見せており、ナチュラルな表情は、奇抜な作品において安心して見れる落ち着きどころとなっている。

ダイビングを語る際の優しい表情がまたたまらない!
ダイビングを語る際の優しい表情がまたたまらない![c]井上堅二・吉岡公威/講談社 [c]2020 映画「ぐらんぶる」製作委員会

イメージとかけ離れたぶっ飛んだ表情から自らと重なるような姿まで、幅の広い演技を見せている与田。その魅力があふれでた姿に心を包まれてほしい!

文/トライワークス

関連作品

  • ぐらんぶる

    2.6
    300
    原作・井上堅二、作画・吉岡公威による青春ダイビング漫画を英勉監督が実写映画化