• EVENT

吉沢亮が杉咲花の「気持ち悪い」にショック!?『青くて痛くて脆い』オンライン試写会

2020年8月3日 22:11

『青くて痛くて脆い』のオンライン試写会に登壇した吉沢亮と杉咲花
『青くて痛くて脆い』のオンライン試写会に登壇した吉沢亮と杉咲花

映画『青くて痛くて脆い』(8月28日公開)で、「全国の学生100人限定!吉沢亮・杉咲花の“となり”で一緒に観る10分間のオンラインプレミア試写会」が8月2日に開催され、主演を務めた吉沢亮と杉咲花が参加した。試写会では、招待された100人の学生と吉沢たちが、ビデオ通話サービス「Zoom」を使ってリモートでの交流を楽しんだ。

学生たちに「いつもと違う特別感」を楽しんでもらおうと、吉沢と杉咲の真横に“おとなりカメラ”を設置。参加した学生には、まるで彼らが隣に座っているかのようなアングルの映像が配信され、一緒に10分間のプレミア映像を観ているような疑似体験をしてもらった。

【写真を見る】吉沢亮に見つめられ、ドキドキしてしまう!
【写真を見る】吉沢亮に見つめられ、ドキドキしてしまう!

最初に吉沢が「よっ!」と陽気な笑顔で挨拶し「皆さん、どこから観てるの?ありがとうございます」と、カメラに向かって手を振った。杉咲も「独特の緊張感があるんですが、こんな形でイベントができるなんてすごいなと」と頬を紅潮させながら同じように手を振った。2人は、参加した学生の顔を見ながら交流できることに感激しきりの様子。

『青くて痛くて脆い』は、「君の膵臓をたべたい」で知られる住野よるの同名小説を実写映画化した青春サスペンス。吉沢演じる人付き合いが苦手な大学生の楓(吉沢)と、周囲から浮いている秋好(杉咲)が出会い、「世界を変える」という目標を掲げる秘密結社サークル「モアイ」を立ち上げる。

杉咲花の笑顔がキュート
杉咲花の笑顔がキュート

杉咲は、リアルだと感じたシーンについて「楓と秋好が向き合って話すシーンです。そこはすごくリアルに感じました。痛々しいなと」と後半のシーンについて語った。吉沢も「『気持ち悪い』と言われるシーンがあるんです。その花ちゃんの芝居がリアルすぎて、本気で言われてるのかと思ってへこみました。この人、もしかして俺のこと嫌いなのかなと。芝居だとわかりつつ…」と苦笑い。杉咲は否定しながら笑った。

続いて、10分間のプレミア映像が、おとなりカメラ吉沢たちの映像と共に流された。感想を聞かれた女子大生は「学校で授業のオンラインが決まったりして、最近は悲しいことばかりでしたが、こういう機会をいただいて、これから頑張る糧になりました」喜びつつ、「画面は吉沢くんを観るのに必死でした。本当に幸せでした」と興奮しながらコメント。

男子学生は「住野よるさんの作品がとても好きなので、参加できてうれしいです」と言ったあと、吉沢や杉咲について「近くて、ずっとドキドキして観ました。本当にありがとうございます」とうれしそうに語った。吉沢は「花ちゃんがしゃべると、男子メンバーの顔が近づくんです」と笑いながらツッコミを入れた。

その後、吉沢や杉咲は、学生たちの悩み相談にも応え、オンライン試写会は、大盛況のまま、幕を閉じた。

取材・文/山崎伸子

関連映画

関連映画ニュース