• EVENT

長澤まさみ『コンフィデンスマンJP』舞台挨拶で笑顔!「これからも“コンフィデンスマン”として頑張っていきたい」

2020年7月23日 17:36

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の初日舞台挨拶に登壇した長澤まさみ
『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の初日舞台挨拶に登壇した長澤まさみ

フジテレビ月9ドラマの劇場版『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の初日舞台挨拶が、7月23日に開催され、長澤まさみ、東出昌大、小日向文世、小手伸也 白濱亜嵐、関水渚、古川雄大の7名が登壇。長澤は「今日この日を迎えることができ、安心したという気持ちと、感慨深い想いでいっぱいです」と挨拶をした。この模様は、全国47都道府県、201の劇場で生中継された。

長澤は、「2か月半くらい遅れての公開になりましたが、『この作品を観たい!』という士気が高まっている気がして、ファンがたくさんいてくれることを感じ、なんだかうれしい気持ちでした」と感慨深い表情で挨拶。東出も「撮影を振り返って、本当に楽しい現場でした」とコメント。

小日向も「たくさん(映画を)観ていただくことで、『また来年も(新作が公開)…』ということになりますので、ぜひ友達に宣伝をよろしくお願いします!」とちゃっかり拡散を呼びかけ、笑いを取る。
さらに、小手も「早くネタバレしたいです!早く副音声をやりたい!作品を届けたいという気持ちがすごく強かったです」と気合十分だ。長澤から「今回、小手さんが主役みたいなもんですもんね!」とイジられると、小手が「そういうミスリードは危ないと思いますよ!」焦るという一幕もあった。

その後、「『プリンセス編』の魅力をひと言で言うと?」というお題を出されたキャスト陣は、フリップに書いて回答した。長澤まさみは「FAKE」と答え「劇中でいろんな人になりすましてダマしていくのがすごく楽しいので。“嘘” “偽り”という『コンフィデンスマンJP』ならではのものに魅力に感じています」と答えた。

笑顔で話すキャスト陣
笑顔で話すキャスト陣

本作にゲスト出演した白濱は「ド派手」と回答。「キャストも豪華だし、ロケーションもマレーシアで撮影したりと、この映画の規模がとにかくド派手!僕自身も休みの日、ジェットスキーで島中を回ったり、楽しませてもらいました。観たプール、観た海には全部入りました(笑)」と言うと、長澤たちは驚きながら大笑い。

全員でフォトセッション
全員でフォトセッション

小手伸也は「マジか五十嵐」と回答し「やっぱり五十嵐としては、自分のことを語らないと。今作の僕は驚くべき立場にいますので」と自身のキャラクターを前面に押し出す。ここでも長澤が、怪訝な顔をしながら「いいんですよ。やっぱり主役は自分のことを語らないとね…」とイジリ倒し、会場を笑いに包んだ。

東出は「笑」、小日向は「豪華なゲスト陣」、関水は「(ダー子、ボクちゃん、リチャードの)3人のかけあい」、古川は「豪華」と答えた。

最後に長澤は「“愛すべきコンフィデンスマンたち”がみんなそれぞれ、映画の中で頑張っています!その姿をたくさんの人に観ていただきたいと思います。そしてこの世界がいつまでも愛され続けると良いなと思っています。過去作も、今回の作品も、ずっとずっと、たくさんの人に観ていただけるように、これからも“コンフィデンスマン”として頑張っていきたいと思います」と、しっかりと熱い想いを語り、笑顔で舞台挨拶の幕を閉じた。

「コンフィデンスマンJP」は、長澤、東出、小日向たちが演じるコンフィデンスマン=信用詐欺師が、欲望にまみれた人間たちから大金を騙し取るという痛快エンタテインメント作品。このたび公開となった『プリンセス編』では、大富豪一族の10兆円にもおよぶ遺産をねらい、史上最大のコンゲームを仕掛ける。

なお、本日7月23日(木・祝)15時時点の動員と週末の座席予約数を考慮すると、大ヒットを記録した前作『コンフィデンスマンJP ロマンス編』(2019年5月17日公開/興収29.7億円)の成績を確実に上回る興行収入40億円突破を見込める大ヒットスタートとなった。

文/山崎 伸子

関連映画

関連映画ニュース