• NEWS

キンプリ永瀬廉vs伊藤健太郎!『弱虫ペダル』自転車レース対決シーンが公開

2020年7月24日 09:00

累計2500万部突破の大人気スポーツ青春漫画をKing & Princeの永瀬廉主演で実写映画化した『弱虫ペダル』(8月14日公開)。同作より、原作の熱い雰囲気をイメージさせる新たな場面写真が公開された。

坂道(永瀬廉)VS今泉(伊藤健太郎)、初対決の行方は?
坂道(永瀬廉)VS今泉(伊藤健太郎)、初対決の行方は?[c] 2020 映画「弱虫ペダル」製作委員会 [c]渡辺航(秋田書店) 2008

本作ではアニメ好きな高校生、小野田坂道(永瀬)がひょんなことから自転車競技部に入部。仲間やライバルと出会い、自分の限界や壁を越え、レースで走る喜びを見いだしていく姿が描かれる。

解禁されたのは、坂道が今泉俊輔(伊藤健太郎)と”裏門坂”と呼ばれる急坂を自転車で走るシーン。自転車レース未経験の坂道がママチャリで登坂する隣で、自転車競技部の新人エースである今泉が「初心者相手でも絶対に妥協しない」と言わんばかりの表情でペダルを踏む。坂道が走る楽しさに気づき、物語が動きだす重要な場面で、これが二人の初対決シーンとなる。

【写真を見る】天才レーサーの今泉にライバル心むき出しで挑む鳴子(坂東龍汰)
【写真を見る】天才レーサーの今泉にライバル心むき出しで挑む鳴子(坂東龍汰)[c] 2020 映画「弱虫ペダル」製作委員会 [c]渡辺航(秋田書店) 2008

物語では坂道、今泉、そして同じ総北高校自転車競技部の1年生、鳴子章吉(坂東龍汰)にも注目。「浪速のスピードマン」の異名を持つムードメーカーで、坂道に自転車競技部への入部を勧めた人物だ。タイプの異なる3人が初対決する、入部後最初のレースとなる1年生ウェルカムレースの展開も熱い。

3人のキャラクターそれぞれが違う魅力を持つように、演じたキャストたちもタイプが異なり、過酷な練習や撮影を乗り越えて互いに絆を深めていった模様。先日開催されたキックオフイベントでは、息の合ったかけ合いを披露し、仲の良さを見せていた。

坂道、今泉、それぞれの性格を表した二人の初対決シーン。ここから始まる熱い青春ストーリーに期待が高まるばかりだ。

文/トライワークス

関連映画

関連映画ニュース