『ジュラシック・パーク』3DCGの映像革命…『炎の王国』に至る25年を“恐竜”で辿る - 2ページ目 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2020/7/24 23:00

『ジュラシック・パーク』3DCGの映像革命…『炎の王国』に至る25年を“恐竜”で辿る

恐竜の動きも複雑化した(『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』)
恐竜の動きも複雑化した(『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』)Film TM & [c] 1997 Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. All Rights Reserved

アニマトロニクスを駆使したフルスケールの恐竜たちも進化

映画界に“CG革命”をもたらした『ジュラシック・パーク』だが、第1作で使われたCG映像は約6分。恐竜が登場するシーンの多くは、精巧なメカを仕込んだアニマトロニクスで撮影されていた。
リアルな実物大の恐竜を求めたスピルバーグの要望で、『エイリアン2』(86)や『ターミネーター2』でオスカーを獲得したスタン・ウィンストン・スタジオ(現レガシー・イフェクツ)が参加。彼らは恐竜たちをデザインし、手のひらサイズの赤ちゃん恐竜から6mを超えるT-レックスまで精巧なアニマトロニクスを生みだした。

【写真を見る】映像技術が飛躍的に進化!「ジュラシック・パーク」シリーズ25年の“恐竜”を振り返り<写真27点>
【写真を見る】映像技術が飛躍的に進化!「ジュラシック・パーク」シリーズ25年の“恐竜”を振り返り<写真27点>Film TM & [c] 2001 UNIVERSAL STUDIOS and AMBLIN ENTERTAINMENT, INC. All Rights Reserved

伝統的な手法であるアニマトロニクスも、シリーズを追うごとに進化を遂げた。『~ロスト・ワールド』では動きがより機敏になり、重量8tのT-レックスはレールで移動することで行動範囲が拡大。前作ではケーブル式リモコンで操作していたラプターは無線の遠隔操作が可能になり、『~III』では単体で可動できるロボットに近い操作性も手に入れた。 『ジュラシック・ワールド』はアパトサウルスの頭部以外はすべてCGで描かれたが、『~炎の王国』では再び多くの造型物を使用。T-レックスやラプトル、インドラプトルらと俳優たちの共演シーンを盛り上げた。

なお『~炎の王国』のアニマトロニクスは、シリーズの顔ウィンストン・スタジオから『スター・ウォーズ』続3部作を手がけたニール・スキャンラン・スタジオに交代された。しかし、彼らが作ったアニマトロニクスの外観は、ウィンストン・スタジオのデザインを基にしたCGモデルを3Dプリンターで出力したもの。時は流れスタッフは変わろうとも、そのDNAは受け継がれているのである。

恐竜と人間の密接な絡みまで、アニマトロニクス抜きで可能になった(『ジュラシック・ワールド』)
恐竜と人間の密接な絡みまで、アニマトロニクス抜きで可能になった(『ジュラシック・ワールド』)[c] 2016 Universal Studios. All Rights Reserved.

文/神武団四郎

■『ジュラシック・パーク』
4K ULTRA HD + Blu-rayセット 発売中
価格:5,990円+税
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

■『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』
4K ULTRA HD + Blu-rayセット 発売中
価格:5,990円+税
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

■『ジュラシック・パークIII』
4K ULTRA HD + Blu-rayセット 発売中
価格:5,990円+税
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

■『ジュラシック・ワールド』
4K ULTRA HD + Blu-rayセット 発売中
価格:5,990円+税
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

■『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
4K ULTRA HD + Blu-rayセット 発売中
価格:5,990円+税
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

関連作品