• EVENT

亀梨和也、“売れない芸人“役で観客からの冷たい視線を初体験「なにをやっても響かないことが、一番のホラー」

2020年7月21日 20:17

亀梨和也、コント披露もウケず「ホラー」
亀梨和也、コント披露もウケず「ホラー」

亀梨和也がホラー映画に初主演する『事故物件 恐い間取り』(8月28日公開)の完成記念イベントが7月21日に寺田倉庫で開催され、亀梨をはじめ、奈緒、瀬戸康史、江口のりこ、木下ほうか、中田秀夫監督が登壇。“売れない芸人”役にトライした亀梨が、観客の冷たい視線を浴びるという初体験をしたことを告白した。

『事故物件 恐い間取り』の完成記念イベントが開催された
『事故物件 恐い間取り』の完成記念イベントが開催された

“事故物件住みます芸人”として活動する松原タニシが実体験をつづったベストセラーノンフィクション「事故物件怪談 恐い間取り」を映画化した本作。テレビ番組への出演を条件に、事故物件で暮らすことになった売れない芸人のヤマメ(亀梨)が、人気者になっていく一方、次々と怪奇現象に巻き込まれていく姿を描く。この日、原作者の松原はリモートで参加した。

「KAT-TUN」のメンバーとして、いつもはきらびやかなステージで歓声を浴びている亀梨だが、本作で演じたのは“売れない芸人”役。コンビの相方役である瀬戸とコントを披露する場面もあり、亀梨は「頑張っているんだけど、空回りする感じ」と役作りの秘訣を吐露。そのコントも観客にはまったくウケないという展開となり、「芸能生活20年以上になりますが、ありがたいことに、これまでああいう目線を浴びることはなかった。自分はすごくラッキーだったなと思った」と笑いつつ、「(コントシーンでは)お客さんの冷たい目がめちゃくちゃ怖かった。なにをやっても響かないことが、一番のホラーです」と語っていた。

亀梨と瀬戸は、今回が初共演。2人ともが「コンビという設定だったからか、初めて会った気がしなかった」と声をそろえるほど、気が合ったそう。また奈緒は「リハーサルで初めて(亀梨に)お会いした。その帰り道、マネージャーさんから『奈緒ちゃん、いままで共演した方のなかで一番、緊張せずにナチュラルに話せていると思う』と言われた。亀梨さんが親しみやすい空気を出してくださったので、緊張せずに現場に入れた」と亀梨に感謝。

さらに「とてもお優しい」と切りだした奈緒。ハードな撮影に挑む日があったそうだが、「私が帰る時に、スタッフさんから『これ、亀梨さんから』と焼肉のお弁当をいただいた。しかも、会話のなかで何気なく『タン塩が好きなんです』と言ったのを覚えてくださっていて、タン塩が単品で入っていた。あのお肉のご恩は一生忘れません」と亀梨の気遣いに驚いたという。
木下が「これは交際してますね」と茶化すと、亀梨は「そういうこと言うと、おかしくなっちゃいますから!」と苦笑い。瀬戸は「かっこいい。スター性、カリスマ性が」と語り、亀梨は「ついつい出ちゃってた。勝手に出ちゃった、自分自身に恐怖を感じますね」と楽しそうに話していた。

取材・文/成田おり枝

関連映画

関連映画ニュース