スタジオジブリの牙城を崩す!劇場版『今日俺』が初登場1位の好スタート |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2020/7/21 20:30

スタジオジブリの牙城を崩す!劇場版『今日俺』が初登場1位の好スタート

比較的過ごしやすい気候が続いた7月半ばの週末映画動員ランキング。長らく築かれていたスタジオジブリの牙城を崩す作品が、ついに現れた!

『今日から俺は!!劇場版』が初登場1位に!金曜には特別番組も放送

今週の動員ランキングは、『今日から俺は!!劇場版』が土日2日間で動員48万6000人、興収6億3100万円を上げて初登場1位を飾った。初日から3日間の累計では動員60万5000人、興収7億8800万円を上げる好スタート。配給元の東宝によると、男女比は40:60、10代からシニアまで幅広い層を集客しており、最終興収50億円も視野に入れている。人気テレビドラマの劇場版ではあるが、公開日の17日には「金曜ロードSHOW!」枠でスペシャルドラマを含めた特別番組が放送されるなど、新規層の獲得にも成功したと言えるだろう。

新作からはほかにも、山田孝之がシングルファーザーを演じた『ステップ』が7位、人気テレビアニメの全59話を再編集した『進撃の巨人~クロニクル~』が10位にランクインしている。

『今日から俺は!!劇場版』が1位スタート!
『今日から俺は!!劇場版』が1位スタート!

順位を下げるも依然人気のスタジオジブリ

根強い人気を誇っていたスタジオジブリ作品だが、3週連続で首位を守っていた『千と千尋の神隠し』は2位に、2位だった『もののけ姫』が3位、3位の『風の谷のナウシカ』は4位となった。さらに、先週4位だった『私がモテてどうすんだ』は5位に、5位だった『透明人間』も6位になり、先週の1~5位がそろって1ランクずつ落とす結果に。

三浦春馬の死に悲痛の声…出演作『コンフィデンスマンJP プリンセス編』が今週公開

7月18日に、映画、舞台、テレビと幅広く活躍してきた三浦春馬が死去するという悲しいニュースが日本中を駆け巡った。この早すぎる訃報に、三浦と関係の深かった大勢の俳優仲間やファンから、その死を惜しむ多くのメッセージがSNSを中心に寄せられている。また、この日は三浦の出演作でもある『コンフィデンスマンJP ロマンス編』(19)の地上波放送があり、その冒頭にも追悼コメントが挙げられていた。同作に続いて三浦が出演する『コンフィデンスマンJP プリンセス編』は、23日(祝・木)に公開される。

故・三浦春馬の出演作『コンフィデンスマンJP プリンセス編』は7月23日(祝・木)より公開
故・三浦春馬の出演作『コンフィデンスマンJP プリンセス編』は7月23日(祝・木)より公開[c]2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

このほか今週末には、海中の遺跡を舞台に美女グループが襲い来るサメから決死の生還を図る『海底47m 古代マヤの死の迷宮』、三池崇史監督が手がける女児向けの特撮ドラマを映画化した『劇場版 ひみつ×戦士 ファントミラージュ! ~映画になってちょーだいします~』といった作品がスタンバイしている。

文/トライワークス

以下は、1~10位までのランキング(7月18・19日)
1位 今日から俺は!!劇場版
2位 千と千尋の神隠し
3位 もののけ姫
4位 風の谷のナウシカ
5位 私がモテてどうすんだ
6位 透明人間
7位 ステップ
8位 ドクター・ドリトル
9位 MOTHER マザー
10位 進撃の巨人~クロニクル~
※興行通信社調べ

関連作品