夏と言えば…海!サメ!トンデモな進化を遂げてきた、サメ映画の傑作たち - 2ページ目 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2020/7/22 18:45

夏と言えば…海!サメ!トンデモな進化を遂げてきた、サメ映画の傑作たち

サメ映画最新作では、盲目のサメが女子高生たちに襲いかかる!

【写真を見る】極悪な歯がズラリ…迫力も申し分なし!『海底47m 古代マヤの死の迷宮』のほか、サメ映画のスチールを一挙掲載
【写真を見る】極悪な歯がズラリ…迫力も申し分なし!『海底47m 古代マヤの死の迷宮』のほか、サメ映画のスチールを一挙掲載[c]THE FYZZ FACILITY FILM 11 LTD

メジャーでも、“全長23m×体重20トンのべらぼうにデカいサメ(メガロドン)とジェイソン・ステイサムを戦わせたらどうなるか?”という、なかなか狂ったアイデアの『MEG ザ・モンスター』(18)が作られたりと、ここのところ再び盛んな動きを見せているサメ映画界隈。その最新作が『海底47m 古代マヤの死の迷宮』だ。

海底に落下した檻に閉じ込められた姉妹が、漂う人食いサメを逃れて生還することができるのか?という究極のシチュエーションを描いた人気作の第2弾では、海底に沈む古代マヤの遺跡をダイビングで探検しようとした女子高生たちがサメに遭遇してしまい…というストーリーが語られていく。

夏と言えばサメ映画!個性的な作品たちをおさらい!(『海底47m 古代マヤの死の迷宮』)
夏と言えばサメ映画!個性的な作品たちをおさらい!(『海底47m 古代マヤの死の迷宮』)[c]THE FYZZ FACILITY FILM 11 LTD

本作のサメは、海深くの暗い世界に生息するため、盲目で目が白く濁っているのがビジュアル的になんともおぞましい。サイズも迫力があり、いきなり食ってかかってきたりと凶暴性も◎。そして目が見えない分、音には敏感であり、とにかく音を立てないように慎重に行動しないといけないという点が、これまでのサメ映画とは異なるスリルを生みだしている。

果たして女子高生たちはサメの襲来から逃げ切ることができるのか?今年の夏は、新型コロナウイルスの影響により海には足を運びづらい状況なので、この最新サメ映画を劇場でチェックして、スリルを堪能して見てはいかがだろうか。

文/トライワークス

■『シックスヘッド・ジョーズ』
発売中
価格:4,800円+税
■『シャークネード6【Blu-ray】』
発売中
価格:1,500円+税
■『シャークネード5【Blu-ray】』
発売中
価格:1,500円+税
■『シャークネード4【Blu-ray】』
発売中
価格:1,500円+税
■『シャークネード 完全震撼ブルブルBlu-ray BOX』
発売中
価格:8,989円+税

※発売・販売元はすべてニューセレクト株式会社

関連作品