• TOP
  • ニュース
  • 賀来賢人×伊藤健太郎「『今日から俺は!!』メンバーは家族!」セルフポートレートインタビュー<前編>
  • INTERVIEW

賀来賢人×伊藤健太郎「『今日から俺は!!』メンバーは家族!」セルフポートレートインタビュー<前編>

2020年7月18日 21:30

2人の仲良しインタビューを、前後編でタップリお届け!
2人の仲良しインタビューを、前後編でタップリお届け!写真/宮﨑健太郎 衣裳/高橋英治 ヘアメイク/関早矢香、宮内宏明(M’s factory)

2018年に日本テレビ系で放送された大ヒットドラマ「今日から俺は!!」が、笑いとスケールをアップした劇場版になってスクリーンに登場!大ヒット公開中だ。
“笑いの奇才”=福田雄一監督のもと、ドラマ版に続いて金髪とトゲトゲ頭のツッパリコンビ、三橋貴志と伊藤真司を快演した賀来賢人と伊藤健太郎が、清野菜名や橋本環奈、仲野太賀らオリジナルキャストと、柳楽優弥や山本舞香ら魅力的なゲスト俳優と一緒に作り上げた本作を、前後編のインタビューで振り返ってくれた。
今回お届けする前編では、ドラマ版の反響や劇場版ならではの見どころ、共演陣の印象など撮影の裏側についてインタビュー。さらに、息のあった2人には自分たちでシャッターを切る、セルフポートレートスタイルで撮影に臨んでもらった。これを読めば、映画がさらにおもしろくなるはず!

新キャストも豪華布陣
新キャストも豪華布陣[c]西森博之/小学館 [c]2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

本作は、原作の人気エピソード「北根壊編」の映画化。1980年代、軟葉高校に転校してきたのを機にツッパリデビューした三橋貴志と伊藤真司は、コンビを組んで強敵を次々と返り討ちにしていく日々を送っていた。そんな二人が3年になったある日、不良の巣窟で知られる開久高校の一角を、隣町の北根壊高校が間借りすることに。極悪高校で知られる北根壊の番長・柳鋭次(柳楽)と相棒の大嶽重弘(栄信)は、智司(鈴木伸之)と相良(磯村勇斗)という圧倒的な“頭”を失った開久の生徒たちに対して妙な商売を始める。一方、怪しいスケバンの涼子(山本)は、怪力がウリの紅高の番長・今井(仲野)に近づき…。

「“今日俺”のメンバーは家族みたいな関係」(賀来)

セルフポートレートスタイルでの撮影に挑戦
セルフポートレートスタイルでの撮影に挑戦写真/宮﨑健太郎 衣裳/高橋英治 ヘアメイク/関早矢香、宮内宏明(M’s factory)

――今回はお2人にシャッターを切ってもらうセルフポートレートスタイルでの撮影でしたが、いかがでしたか?

賀来「(写真を見て)楽しかったです!」
伊藤「めっちゃいい写真ですね」
賀来「この格好も見慣れて、いまはヘンだとも思わなくなったし」
伊藤「僕は逆のことがありました。京ちゃんを演じている橋本環奈さんと『弱虫ペダル』でも共演したんですけど、一緒のシーンを撮影した時に2人とも普通の服を着ていたから違和感があって(笑)。こっちのほうが見慣れているから落ち着くんですよ」

――では、ドラマ版から1年以上空いた劇場版の撮影でもすぐに役に戻れたんですね。

賀来「“今日俺”のメンバーは家族みたいな関係なので、ホッとする感じもあったけれど、この衣装でメイクをするのは久しぶりだったから、撮影の初日は妙に緊張しました」
伊藤「僕も“今日俺”は、自分がステップアップできた思い入れの強い作品だからうれしかったけれど、1年以上も間が空いていたからすごく緊張しました」
賀来「久々の現場であのテンションが出せるのかな?と不安だったし、撮影に入ってからも最初の2、3日はなかなかエンジンがかからなかった。予想以上に馬力を出さないと、三橋という役はできないんだなということを改めて痛感したし、動きや声にバネがある、気持ちのいいリズムをつかむのが大変でした」
伊藤「僕はドラマ版のあと、共演者の方たちとほかの現場でご一緒することがそんなになかったので、“オマエ、この1年の間にどれだけ成長したんだ?”みたいな感じで見られるのが怖くて。それで、緊張していたんですよ(笑)」
賀来「そんなに怖がらなくても(笑)」
伊藤「本当にそうでした。現場のみんなも1年前と同じだったから、戻れて楽しかったですね」

テレビシリーズの面白さそのままにパワーアップ
テレビシリーズの面白さそのままにパワーアップ[c]西森博之/小学館 [c]2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

――ドラマ版のテイストを大切にしながらも、劇場版ならではのスケール感やおもしろさがあると思いますが、撮影中にもそれは感じましたか?

賀来「“今日俺”の昭和の匂いと衣装、濃いキャラクターはもともと映画の大きなスクリーンで映えると思っていたけれど、今回はワイヤーアクションがあるし、三橋と伊藤がチャリで2ケツ(2人乗り)するシーンもけっこうスゴい画になっている。アクション部が観ていてワクワクするおもしろい仕掛けをいっぱい考えてくれたので、そこは劇場版ならではですね」
伊藤「でも、アクションは大変でした。特に200~300人の不良がいる中に突っ込んでいくクライマックスは劇場版のもっともアツいシーンだけど、人の数が多いし、撮影の環境も最悪でほこりまみれになりましたね。でも、あの砂ぼこりもカッコよく映っていると思うな」


関連映画

関連映画ニュース