• NEWS

永瀬廉、『弱虫ペダル』の紅一点、橋本環奈に感謝「和んだし、テンションが上がった」

2020年7月14日 21:27

ママチャリに乗って登場した永瀬廉(King & Prince)
ママチャリに乗って登場した永瀬廉(King & Prince)

King & Prince の永瀬廉主演で、スポーツ青春漫画を実写映画化した『弱虫ペダル』(8月14日より公開)のキックオフイベントが、7月14日にアキバ・スクエアで開催され、主演の永瀬が、劇中で使用したママチャリに乗って登場。永瀬は「撮影を思い出しました。(演じた)坂道に戻る感覚になりました」と挨拶をした。

イベントに登壇したのは永瀬、伊藤健太郎、橋本環奈、 坂東龍汰、竜星涼、栁俊太郎、菅原健、三木康一郎監督の8名だ。

【写真を見る】マイクを手に、熱い表情を見せる永瀬廉(King & Prince)
【写真を見る】マイクを手に、熱い表情を見せる永瀬廉(King & Prince)

ロードレースの過酷な撮影について、永瀬は「やっぱり撮影はやるしかないという気持ちでした。限界のその先っていう状況が何回もあったくらい過酷でした」と激白。

伊藤も「体力がどうのこうのっていうよりは、気持ちでどれだけいけるか。つながったものを見させてもらった時、苦しい顔や顔やひどい顔など、お芝居の域を超えたものがあった。それが本作の一番の魅力かなと」と手応えを口にした。

マネージャー、寒咲幹役の橋本環奈
マネージャー、寒咲幹役の橋本環奈

マネージャー役の橋本も「実際に近くで見てて、こんなにも過酷なんだなと感じました。ケガをするかもしれないというのがあるからこそ、安全にやるために撮影前から練習していました」と永瀬たちをねぎらう。

永瀬は「男性が多い現場だったので、環奈ちゃんがいることでなごんだり、テンションが上がったりっていうのはありました」と橋本に感謝した。

三木監督は本作について「高校生がインターハイを目指すストーリー。現在、数多くのインターハイが中止になって、悔しい想いをしている同年代の子たちがいっぱいいます。この作品が、なにを意味するんだろうと考えたとき、『弱虫ペダル』のメンバーが、必死に努力する姿を彼らに伝え、ちょっとでも背中を押せる作品になったらいいなと思っています」と力強く語ると、永瀬も「僕たちも全力で自転車に挑んで、全身全霊で漕いだ作品です」と締めくくった。

取材・文/山崎伸子

関連映画

関連映画ニュース