• TOP
  • ニュース
  • 吉野北人、宮崎弁で九州にエール「みんな元気しちょっけ?」『私がモテてどうすんだ』舞台挨拶で
  • EVENT

吉野北人、宮崎弁で九州にエール「みんな元気しちょっけ?」『私がモテてどうすんだ』舞台挨拶で

2020年7月11日 13:38

宮崎県出身、THE RAMPAGEの吉野北人がエール
宮崎県出身、THE RAMPAGEの吉野北人がエール

ぢゅん子による同名コミックを映画化した『私がモテてどうすんだ』の公開記念舞台挨拶が7月11日に都内劇場で開催され、吉野北人、神尾楓珠、山口乃々華、富田望生、伊藤あさひ、奥野壮、平沼紀久監督が登壇。宮崎県出身の吉野が「みんな元気しちょっけ?いま大変やけど、一緒に頑張ろうね。この作品を観たらハッピーになれるから、少しでもみんなの支えになったらうれしい」と記録的な大雨に見舞われた九州に、宮崎弁でエールを送った。

『私がモテてどうすんだ』の公開記念舞台挨拶が開催された
『私がモテてどうすんだ』の公開記念舞台挨拶が開催された

イケメン同士が恋する妄想に夢中な花依が激ヤセして、超絶美少女に変身。同じ学校のイケメンたちにモテまくる姿を描く本作。サブカル系の先輩、六見役を演じた吉野は「監督と撮影前に何度か打ち合わせをさせていただいて、『普段から六見になるといいよね』とアドバイスしていただいた」と述懐。「撮影前から、私生活でも六見を意識して取り入れていた。(神尾)楓珠にも『六見やん』と言われた」と明かすと、神尾も「前にも共演したことがあるんですが、(その時と)全然違った。すごく動きがゆっくりだった」と吉野の役柄へのハマり度を絶賛していた。

【写真を見る】吉野北人&神尾楓珠が笑顔でダンス!舞台挨拶の様子
【写真を見る】吉野北人&神尾楓珠が笑顔でダンス!舞台挨拶の様子

主題歌に合わせた、エンディングのダンスシーンも見どころとなるが、 THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカルとしても活躍する吉野は、「僕はダンスをやっているので、まだ大丈夫でした。楓珠は本番前に焦っていた」と神尾の戸惑いを暴露。神尾は「やめろ!」と静止しつつ、「とにかく笑顔で、楽しもうという気持ちだった」と乗り切る秘訣を語っていた。また富田は「乃々ちゃんがいるので安心でした。乃々ちゃんに振り付けを教えてもらった」と山口に感謝。山口は「みんな完璧に踊っていた」と笑顔を見せていた。

この日は、実際にその“私モテダンス”にトライするひと幕もあったが、神尾は「完璧だった」と大満足の表情で「腰振りがポイント」とアピール。笑顔いっぱいの舞台挨拶となり、最後には吉野が「コロナウイルスで大変な状況が続き、いろいろと我慢されていると思う。そういったストレスや不安な思いなど、少しでも解き放っていけるような作品になればいいなと思っています」と心を込めていた。

取材・文/成田おり枝

関連映画

関連映画ニュース