• TOP
  • ニュース
  • 眼前いっぱいのゴッサムシティ…“没入感”たっぷりなIMAX版『ダークナイト』徹底解説!
  • COLUMN

眼前いっぱいのゴッサムシティ…“没入感”たっぷりなIMAX版『ダークナイト』徹底解説!

2020年7月11日 18:30

「ダークナイト」シリーズに『インセプション』(10)、『インターステラー』(14)、『ダンケルク』(17)と次々に話題作を手がけるクリストファー・ノーラン監督。彼の最新作『TENET テネット』(9月18日公開)が控えており、好奇心を刺激する予告編が話題を集めている。そんなタイミングで、ノーランが世界的人気を確立するきっかけとなった『ダークナイト』(08)のIMAX版、4D版での再上映が決定。早速、池袋のグランドシネマサンシャインにあるIMAXレーザー/GTテクノロジーで本作を鑑賞してきたので、その模様をレポートしたい。

札束の山を燃やす(!)ジョーカー(『ダークナイト』)
札束の山を燃やす(!)ジョーカー(『ダークナイト』)[c]2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved. BATMAN and all related characters and elements are trademarks of and [c] DC Comics.

『ダークナイト』でIMAX撮影を本格投入したクリストファー・ノーラン

本題に入る前に、IMAXとノーランの歩みについて簡単に振り返っておきたい。いまではさほど珍しくなくなったIMAX撮影の作品だが、映画へ初めて本格的に取り入れたのがノーランだった。通常の35mmフィルムの面積比の4倍にあたる70mmの大判フィルムを使用するため、IMAXの撮影機材は巨大になり、映画で使用されることはほとんどなかった。
しかし、果敢にも彼は『ダークナイト』の印象的なシーンでIMAX撮影を敢行。当時世界に4台しかなく、50万ドルもするIMAX用のカメラをカーチェイスのシーンに使用し、誤って1台を大破させてしまうこともあったが、完成した映像の出来栄えは周知の事実で、その後もIMAX撮影の第一人者として活躍し続けている。

『ダークナイト』で世界的な知名度を獲得したクリストファー・ノーラン
『ダークナイト』で世界的な知名度を獲得したクリストファー・ノーラン写真:SPLASH/アフロ

そこにゴッサムシティがあるような没入感と臨場感

約26分間にわたる『ダークナイト』のIMAX撮影のパートは、全編で6シークエンス。そのうち4シークエンスが、本作のメインヴィランとして強烈な印象を残したジョーカー(ヒース・レジャー)の描写に割かれている。しかも、冒頭のジョーカー一味が銀行を襲撃するシーンから実施されており、早速その没入感に驚かされてしまう。

『ブロークバック・マウンテン』(05)などで知られる演技派のヒース・レジャーがジョーカー役に(『ダークナイト』)
『ブロークバック・マウンテン』(05)などで知られる演技派のヒース・レジャーがジョーカー役に(『ダークナイト』)[c]2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved. BATMAN and all related characters and elements are trademarks of and [c] DC Comics.

グランドシネマサンシャインのシアターでは、IMAXのパートになると画角が通常の大きさから約40%も上下に広がり、目の前の巨大なスクリーンすべてが、少しの隙間もなく映画の画面になってしまう。空から高層ビルが立ち並ぶ街並みを俯瞰で捉えた映像では、その奥行きがリアルに伝わり、スクリーンの中にほんとうにゴッサムシティがあるのでは?と思ってしまうほど。
さらに、マフィアの資金を管理している実業家を追って、ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)が香港を訪れるシーンでは、夜間にビル群の合間をバットマンが縦横無尽に飛行する場面があり、ここでも目の前でほんとうにバットマンが空を飛んでいるかのような臨場感が味わえる。

バットマンとゴードン、ハービーは協力して犯罪者を一掃しようとする(『ダークナイト』)
バットマンとゴードン、ハービーは協力して犯罪者を一掃しようとする(『ダークナイト』)[c]2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved. BATMAN and all related characters and elements are trademarks of and [c] DC Comics.



WHAT IS TENET?クリストファー・ノーランが仕掛ける『TENET テネット』特集


■『ダークナイト』デジタル配信中
Blu-ray&DVD 発売中
価格:Blu-ray 2,381円+税、DVD 1,429円+税
発売・販売元:ワーナー・ブラザースホームエンターテイメント

関連映画

関連映画ニュース