• TOP
  • ニュース
  • そこは快楽と謎に満ちた町…中村倫也主演『人数の町』予告編が到着
  • NEWS

そこは快楽と謎に満ちた町…中村倫也主演『人数の町』予告編が到着

2020年7月7日 08:00

テレビドラマ「美食探偵 明智五郎」が話題を集め、『水曜日が消えた』が公開中の中村倫也。テレビ、映画と活躍目覚ましい彼が主演した映画『人数の町』(9月4日公開)のミステリアスな予告編が解禁となった。

バスに並んで乗った蒼山(中村倫也)と紅子(石橋静河)はどこへ向かっているのか…?
バスに並んで乗った蒼山(中村倫也)と紅子(石橋静河)はどこへ向かっているのか…?[c] 2020「人数の町」製作委員会

本作は、衣食住が保証され、快楽に溺れる日々を送れる謎の町を舞台に繰り広げられるディストピア・ミステリー。借金を抱えて町の住人となった蒼山(中村)が、住人たちとの交流を通して「出入りも自由だが、決して離れることのできない」町の謎に迫っていく。

予告では「部屋に入ったら、この町のガイドであるバイブルを熟読すること」という謎のアナウンスとともに蒼山と町の住人、そして意味深なキーワードが断片的に映しだされていく。意思が弱く世の中に居場所がない者たちが集められたその場所は、「あなたの欲望をすべて肯定する」という謎に満ちた町。やがて蒼山は、町へ妹を捜しに来たという紅子(石橋静河)との出会いをきっかけに、しだいに町の真相に迫っていくが…。終始、町の異常性を抱かせる内容となっている。

予告とあわせて新たなシーンカットも公開。物憂げな表情でバスに乗る蒼山と紅子、そして二人が選挙の投票所らしき施設にいる様子が切り取られているが、これらがいったいなにを意味するのか気になるところだ。映像と写真から”町の謎”に頭を巡らせながら、その真相を映画館でたしかめたい。

文/トライワークス

関連映画

関連映画ニュース