• EVENT

長澤まさみ、『MOTHER マザー』は「ここまで後ろ髪を引かれる感覚になった作品は初めて」

2020年7月4日 13:56

『MOTHER マザー』の公開記念リモート舞台挨拶に登壇した長澤まさみ
『MOTHER マザー』の公開記念リモート舞台挨拶に登壇した長澤まさみ

長澤まさみ主演映画『MOTHER マザー』の公開記念リモート舞台挨拶が、7月4日に神楽座で開催され、長澤まさみ、阿部サダヲ、奥平大兼、子役の郡司翔、浅田芭路、大森立嗣監督が登壇。この舞台挨拶は、監督やキャスト陣と、本日オープンしたTOHOシネマズ池袋の観客とをリモートでつなげたものとなり、ほかに全国5大都市、15劇場でもライブ中継された。

ステージのスクリーンには、TOHOシネマズ池袋の観客が映しだされた。
長澤は「全国15か所のみなさん、こんにちは。普段は1か所でしか舞台挨拶はやらないので、逆に新鮮です。たくさんの方々とつながっている気がして、とてもうれしいです。こういう舞台挨拶もきっとレアになっていくと思いますので、楽しんでいってください」と挨拶をした。

阿部も「こんな舞台挨拶は初めてです。僕らはどこを見ればいいんですか?」とカメラ位置を確認する。スクリーン越しの観客が拍手をしたり、手を振ったりするリアクションを見た阿部は「ああ、すごい。つながってる感じがする。でも、残念ながらマスクしているから表情がわからない」と言って笑いを取った。

【写真を見る】長澤まさみ、メタリックなドレスの全身ショット
【写真を見る】長澤まさみ、メタリックなドレスの全身ショット

『MOTHER マザー』は、実話をベースにした衝撃作。社会から孤立していく母と息子の歪んだ絆が、ある殺害事件を引き起こす。長澤まさみが、主人公のシングルマザー、秋子役で、闇へ堕ちていく母親役に挑んだ。
長澤は、初日を迎えた本作について「映画が旅立っていくといううれしさや開放されるうれしさもあったり、でも本当に手放していいのかなと思ったりもしました。ここまで役柄や作品に対して、後ろ髪を引かれる感覚になったのは初めての経験でした。それだけ役と向き合えたのかなと思ったら、無駄な時間じゃなかったかと」と想い入れを口にした。

内縁の夫になるホスト・遼役の阿部サダヲ
内縁の夫になるホスト・遼役の阿部サダヲ

阿部も、初の汚れ役に挑んだ長澤について「長澤さんは、こういう役をやる印象がなかったし、お母さんという印象もなかったのでびっくりしました。すごく良かったです」と長澤を称えた。
本作で俳優デビューをした奥平は、共演した長澤について「『キングダム』とかでずっと耳に入っていたし、学校でもかわいいと言われていたので、(共演できると聞いたときは)実感がなかったです」とコメント。

秋子の息子、周平役の奥平太兼
秋子の息子、周平役の奥平太兼

さらに、劇中で長澤から殴られるシーンについて「ふりだと思っていたら、思い切り叩かれたのでびっくりしました。それで泣いちゃいました(苦笑)。びっくりしたので、トリガーになって」と言うと、長澤は笑顔で「ごめんなさい」と頭を下げた。

最後にフェイスガードをつけた子役の郡司翔、浅田芭路が登場し、奥平と共に、長澤、阿部、大森監督にカーネーションの花束が渡された。

取材・文/山崎伸子

関連映画

関連映画ニュース