WOWOWが映画愛を詰め込んだ、唯一無二の“映画館”「W座」の10年とこれから |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2020/7/3 21:00

WOWOWが映画愛を詰め込んだ、唯一無二の“映画館”「W座」の10年とこれから

まもなく10周年イヤー突入!「W座からの招待状」の魅力に迫る
まもなく10周年イヤー突入!「W座からの招待状」の魅力に迫る

『おくりびと』(08)で日本アカデミー賞脚本賞を受賞した小山薫堂がナビゲーターを務め、イラストレーターの信濃八太郎が手掛けたイラストレーションとともに“今、もっとも観て欲しい映画との出会い”をテーマに新作映画を紹介していくWOWOWシネマの人気番組「W座からの招待状」。現在同番組を担当している宮田徹プロデューサーは「今年の10月からはいよいよ10周年イヤー。いまでは応援してくださる方々も増え、WOWOWのなかでも、ひときわ愛される番組に成長したことが嬉しいです」と、にこやかに「W座」への想いを語る。

「人生の体験として、記憶に残るものに寄与できたら」

「映画好きの方々に是非観て欲しい作品を届ける」という番組のポリシーを語った宮田徹プロデューサー
「映画好きの方々に是非観て欲しい作品を届ける」という番組のポリシーを語った宮田徹プロデューサー

2011年にWOWOWが3チャンネル放送に切り替わり、映画専門チャンネルである「WOWOWシネマ」が誕生したことを受けて放送がスタートした「W座」。宮田は「WOWOWシネマの顔を作りたいという想いと、いま一番観て欲しい映画をしっかりと枠を作って紹介するためにできた番組です」と、その成り立ちを振り返り、「この番組自体がひとつの“映画館”」というコンセプトを明かす。
「私もそうですが、映画好きの皆さんには、それぞれ好きな映画館があると思います。その劇場のラインナップが、時に人生のラインナップになったりもする。どのタイミングで、誰とどのようにしてその映画を観たか。そうした人生の体験として記憶に残るものに、『W座』が寄与できたらと思っています」。

ナビゲーターの小山薫堂(左)と、イラストレーションを手掛ける信濃八太郎(右)
ナビゲーターの小山薫堂(左)と、イラストレーションを手掛ける信濃八太郎(右)

「W座」ではこれまで450本を超える作品が放送されており、『ムーンライト』(16) や『シェイプ・オブ・ウォーター』(17)のようなアカデミー賞作品賞受賞作をはじめ、『淵に立つ』(16)や『あゝ、荒野』(17)といった日本のインディペンデント映画など、そのラインナップは多種多様。放送する作品のチョイスについて訊ねてみると、「いま一番観てほしい新作映画であり、作家性の高い作品」が基準となっているとのことだ。
「映画好きの方々に是非観て欲しい作品を届けるというポリシーのもとで、作品のクオリティに反してあまり注目を浴びなかった作品や、ミニシアターでしか上映されなかった作品、また惜しくも日本未公開となった良作などを選んでいます」。

さらに宮田は、日本でもヒットを記録したメジャー作品を中心に話題作を放送する「メガヒット劇場」と、この「W座」がWOWOWシネマの核となってチャンネル全体の番組が編成されていること、両番組を毎週観るだけで年間100本以上の主要な最新映画をチェックすることができるという、“WOWOW活用術”も教えてくれた。


日曜21時はおうち映画館!名作とつながる「W座からの招待状」の魅力

関連作品

  • 真実

    3.2
    155
    カトリーヌ・ドヌーヴ他、国際派俳優が共演する、是枝裕和監督が手掛ける人間ドラマ
  • よこがお

    3.3
    62
    深田晃司が監督・脚本を手掛け『淵に立つ』に続き筒井真理子とタッグを組んだドラマ
  • 新聞記者

    3.9
    309
    女性記者が権力中枢の闇に立ち向かうシム・ウンギョン×松坂桃李W主演のサスペンス
  • ウィーアーリトルゾンビーズ

    3.2
    72
    感情を失った子どもたちが音楽を通して成長する物語を描いた長久允監督長編デビュー作
  • 轢き逃げ 最高の最悪な日

    3.1
    63
    轢き逃げ事件に翻弄される7人の人間たちの心の軌跡を描出する水谷豊監督第2作