• TOP
  • ニュース
  • 長澤まさみ「自分で出演を決めた作品だと伝えていきたい」『MOTHER マザー』大森監督との対談で明かす
  • INTERVIEW

長澤まさみ「自分で出演を決めた作品だと伝えていきたい」『MOTHER マザー』大森監督との対談で明かす

2020年7月5日 14:30

『MOTHER マザー』で主演を務めた長澤まさみと大森立嗣監督
『MOTHER マザー』で主演を務めた長澤まさみと大森立嗣監督撮影/河内 彩

今年でデビュー20周年を迎えた長澤まさみだが、30代では女優として “安定”よりも、むしろ“攻め”の姿勢を見せてきた。『キングダム』(19)では美しき山の民の王、楊端和役が反響を呼び、はっちゃけたコメディエンヌぶりが冴える人気ドラマの劇場版第2弾『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の公開を7月23日(木)に控えるいま、非常にハードな内容の意欲作『MOTHER マザー』が公開中だ。長澤と、本作のメガホンをとった『日日是好日』(18)などの大森立嗣監督を直撃した。

初と言える汚れ役にトライした長澤まさみ
初と言える汚れ役にトライした長澤まさみ撮影/河内 彩

本作は、第43回日本アカデミー賞で3冠獲得の『新聞記者』(19)などを手掛けた映画会社スターサンズ制作で、17歳の少年が祖父母を殺害するという凄惨な事件から着想を得た、オリジナルストーリー。大森監督が港岳彦と手掛けた脚本を読んだ長澤が「ぐっと物語に引き込まれ、読み終わったあと、心に残るものがありました」と本作への出演を決めたという。

長澤は本作で、男に依存し、息子には自分に忠実であることを強いる自堕落なシングルマザーの秋子役を演じている。そんな母親に翻弄される息子の周平役を、演技初挑戦の新星、奥平大兼が、秋子が惚れ込み、内縁の夫となるホストの遼役を阿部サダヲが演じた。

関連映画

関連映画ニュース