• TOP
  • ニュース
  • 工藤遥「何度も壁を超えてきた」11歳でのモー娘。加入から『のぼる小寺さん』で初主演を飾るまで
  • INTERVIEW

工藤遥「何度も壁を超えてきた」11歳でのモー娘。加入から『のぼる小寺さん』で初主演を飾るまで

2020年7月2日 18:00

『のぼる小寺さん』で映画初主演を務めた工藤遥
『のぼる小寺さん』で映画初主演を務めた工藤遥撮影/横山マサト

女優の工藤遥が、珈琲原作の人気コミックを実写映画化した『のぼる小寺さん』(7月3日公開)で待望の映画初主演を飾った。2017年、「女優になりたい」とモーニング娘。を卒業したあと、スーパー戦隊シリーズ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」のルパンイエロー役で女優として滑りだしは順調だった工藤。だが、勝負はこれから。本作で“ネクストブレイク女優”の輝きを感じさせる工藤に単独インタビューを敢行した。

メガホンをとったのは、長澤まさみ主演の『ロボコン』(03)や、成海璃子、北乃きい共演の『武士道シックスティーン』(10)などで、若手女優のフレッシュな魅力を引きだしてきた古厩智之監督。ボルダリングを題材にした本作でも、工藤が秘めていた女優としてのポテンシャルを余すことなくスクリーンに映しだした。

ボルダリングに夢中な女子高生、小寺(こてら)さん(工藤遥)
ボルダリングに夢中な女子高生、小寺(こてら)さん(工藤遥)[c]2020「のぼる小寺さん」製作委員会[c]珈琲/講談社

満を持しての映画初主演について、感想を聞くと工藤は「とにかく衝撃でした」と、興奮気味に語った。「モーニング娘。を卒業した時、主演なんて夢のまた夢で、何年かかるんだろうと思っていたのに、こんなに早くお声がけをいただけるなんて、なにかの間違いかと思って、本当にびっくりしました」。

工藤が演じるのは、高校のクライミング部に所属する、ボルダリングに夢中な女子高生、小寺(こてら)さん。彼女は常にひたむきで、トレーニングに余念がない。その頑張りを見て、次第に感化され、惹かれていくクラスメイトの近藤役を、『今日から俺は!!劇場版』(7月17日公開)が待機中の伊藤健太郎が演じるほか、鈴木仁、吉川愛、小野花梨ら若手新進俳優陣が共演した。

関連映画

関連映画ニュース