• INTERVIEW

話題の“逆再生”映像はこう撮られた?『TENET テネット』の技法を山崎貴監督が読み解く!

2020年7月3日 16:30

「ノーラン監督なら想像もつかないようなことをするんじゃないかと期待してしまう」

自身もノーラン監督の大ファンで、来日時には対談もしている山崎監督。一番のお気に入りの映画を聞くと、『インターステラー』と即答した。「まず、この時代に宇宙ものをCG抜きでやろうと考えてしまうすごさ。さらにその内容も、次元を超えた部屋をはじめ、CGを使わずにどうやって撮ったのかさっぱりわからない」と舌を巻く。映像が注目されがちだが、ストーリーもノーラン作品の大きな魅力だと言う。「予告編を見た時に、農作物がダメになって、どうやら宇宙に行くらしいとまではわかりましたが、あんなどえらいことになるとは思ってもいなかった(笑)。ノーラン監督と彼のチームは、映像だけでなく、物語の構造の部分から新たに発明しているように感じます」

マシュー・マコノヒ―演じる父親と娘との絆も見どころ(『インターステラー』)
マシュー・マコノヒ―演じる父親と娘との絆も見どころ(『インターステラー』)[c] 2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.

そんな“衝撃への期待”は『TENET テネット』でも強く抱いている。「予告編の中で、『死後の世界へようこそ』というセリフがあるじゃないですか。そこに説得力を持たせるために、ノーラン監督なら想像もつかないようなことをするんじゃないかと期待しています。核戦争より悪いという“第三次世界大戦”とはなんなのかも気になりますね。“時間が混乱している世界”というは、つまり時間が一つの兵器として存在するのか、時間自体を混乱させる兵器みたいなものができたのかも」と興味は尽きないよう。

だれもやったことがない題材でも、しっかりエンタメ映画としておもしろくするノーラン監督。だからこそ、今回新たなジャンルを生みだすのではと期待しているという。「類似品がない、新しい概念を扱った映画ということがひしひしと伝わってきます。あらゆる面で、なにかすごいことが起きるんじゃないかと予感させ、でも中身を読み取ろうとするとするりと逃げていく感じ。とにかく楽しみでしかないですね」と声を弾ませた。

本作でもクリストファー・ノーランが世界をアッと驚かせる!
本作でもクリストファー・ノーランが世界をアッと驚かせる!写真:SPLASH/アフロ

取材・文/神武団四郎



WHAT IS TENET?クリストファー・ノーランが仕掛ける『TENET テネット』特集

■『インセプション』デジタル配信中
Blu-ray 発売中
価格:2,381円+税
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

■『インターステラー』デジタル配信中
Blu-ray 発売中
価格:2,381円+税
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

■『Returner リターナー』
DVD 発売中
価格:4,800円+税
発売元:ショウゲート、販売元:アミューズソフト

■『アルキメデスの大戦 通常版』 
DVD 発売中
価格:3,800円+税
発売・販売元:東宝

関連映画

関連映画ニュース