• COLUMN

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』には続編が存在した!“その後”のシリーズ作品を追跡

2020年6月26日 22:30

シリーズ完結作となった『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』(90)。前作のラストでドクが1885年に飛ばされてしまい、彼を助けるためマーティが再びタイムスリップ。そこは広大な荒野が広がり、カウボーイが闊歩する西部開拓時代だった…。

【写真を見る】シリーズに何度も登場する時計の前で、記念撮影をするマーティとドク!30周年イベントの模様も
【写真を見る】シリーズに何度も登場する時計の前で、記念撮影をするマーティとドク!30周年イベントの模様も[c] 1990 Universal Studios. All Rights Reserved.

カウボーイ風の衣装をまとい1985年にやって来たマーティ(マイケル・J・フォックス)。なんとかドク(クリストファー・ロイド)との再会は果たしたものの、ガソリンタンクに穴が空いてしまい頼みのデロリアンは自走不能に。そこで二人は、蒸気機関車でデロリアンを押して走らせる作戦を思いつく。そんななか、この時代のヒルバレーでは、宿敵ビフの先祖で“マッド・ドッグ”の異名を持つ悪名高きガンマン、ビュフォード・タネン(トーマス・F・ウィルソン)が好き勝手に暴れ回っていた。彼に目を付けられたマーティは、命を懸けた決闘に挑むことに。さらに、ドクも当地の新任教師、クララ・クレイトン(メアリー・スティーンバージェン)の命を助け、彼女と恋に落ちてしまう…。

ドクがクララという教師に恋してしまう!?
ドクがクララという教師に恋してしまう!?[c] 1990 Universal Studios. All Rights Reserved.

クリント・イーストウッドの代表作『荒野の用心棒』(64)など、随所に名作へのオマージュが散りばめられた本作。マーティとドクの時を超えた冒険はこれで終わってしまったが、ラストでドクが放った「未来は君たちの手で作るんだ!」という言葉には希望があふれていた。映画完結後も様々な形でシリーズは展開し続けているので、今回はそれらの動きを追ってみたいと思う。

テレビアニメやゲームになって映画の“その後”が展開!

映画版の続編として、「Back to the Future: The Animated」というテレビアニメがCBSで1991年から1992年にかけて全26話で放送されている。ストーリーも『PART3』のその後が描かれており、マーティやドクはもちろん、クララに、ドクと彼女の息子たち、ジュールとベルヌ、さらにジェニファー、犬のアインシュタインまでが登場し、デロリアンや蒸気機関車のタイムマシンに乗って冒険を繰り広げる。物語の冒頭と終わりには、実写のドク(ロイド)も登場。マーティらの声は別の役者が演じているが、クララとビフは映画版と同じく、スティーンバージェンとウィルソンが担当していた。

また、映画公開時から何度もテレビゲーム化されていた本作。1993年にはスーパーファミコン用ソフト「スーパー・バック・トゥ・ザ・フューチャー2」が発売されている。『PART2』をベースにしており、ホバーボードに乗ったマーティがステージをクリアしながら宿敵ビフを倒そうとするストーリー。また、2010年には「Back to the Future: The Game」もダウンロード配信されている。全編フルCG、フルボイスのシステムが採用され、マーティを操作してアクションや会話ができるアドベンチャー形式のゲームだ。『PART3』の半年後が舞台で、映画版の脚本を担当したボブ・ゲイルが監修に携わっている。さらに、ドクの声をロイド、ジェニファーを映画版第1作で彼女を演じたクローディア・ウェルズが担当しているほか、マーティの祖先と未来からやってきた壮年のマーティ役としてフォックスもゲスト出演している。

USJのアトラクションとしても大人気!

ハリウッド映画をモチーフにしたテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ」には本作のアトラクション「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」が存在した。来場者はドクが新たに開発した「8人乗りの新型デロリアン」に乗り込み、「タイムトラベル体験ツアー」に出発するも、別のデロリアンを盗みだしたビフとの時空を超えたカーチェイスに巻き込まれてしまうという設定だ。
日本でも「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」開園時から設置され、2016年のクロージング時には「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド~さよならキャンペーン」が実施されるほどの人気を博した。

■『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』
発売中
価格:Blu-ray 1,886 円+税、DVD 1,429 円+税
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

関連映画

関連映画ニュース