マイケル・キートン、バットマン役に30年ぶりカムバック?『The Flash』に出演交渉中 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/6/23 19:00

マイケル・キートン、バットマン役に30年ぶりカムバック?『The Flash』に出演交渉中

『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』(16)や『ジャスティス・リーグ』(17)に登場したDCコミックのヒーロー、フラッシュを主人公にした単独映画『The Flash』に、ティム・バートン監督版『バットマン』(89)でバットマン/ブルース・ウェイン役を演じたマイケル・キートンが約30年ぶりにバットマン役を演じる可能性があると、「The Wrap」をはじめ全米各メディアが報じている。

マイケル・キートンがバットマン役として『The Flash』に出演交渉中!?
マイケル・キートンがバットマン役として『The Flash』に出演交渉中!? 写真:SPLASH/アフロ

「IT/イット」シリーズを大ヒットに導き、ハリウッド実写版「進撃の巨人」の監督にも抜擢されたアンディ・ムスキエティ監督がメガホンをとる『The Flash』は、原作コミックの「フラッシュポイント」を原案にした物語になることがすでに明らかになっている。主人公のフラッシュ/バリー・アレン役を引き続きエズラ・ミラーが演じ、キートンはMCU作品におけるニック・フューリーのような“メンター”としての役割になると言われており、今後複数のDC映画にも出演する可能性も示唆されている。

【写真を見る】MCU作品でのニック・フューリーと同じ役割!? いまなお根強いファンを持つ、キートン=バットマンの勇姿
【写真を見る】MCU作品でのニック・フューリーと同じ役割!? いまなお根強いファンを持つ、キートン=バットマンの勇姿 画像は「バットマン」(@batman)公式Instagramのスクリーンショット

『バットマン』と『バットマン・リターンズ』(92)でバットマン役を演じたキートンは、第87回アカデミー賞で作品賞など4部門に輝いた『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(14)では、“かつてスーパーヒーローを演じた俳優”の役として主演を務め、初めてアカデミー賞主演男優賞にノミネート。また、ライバル企業のマーベル作品である『スパイダーマン:ホームカミング』(17)ではヴィランであるバルチャー役を演じた。

フラッシュことバリー・アレン役には『ジャスティス・リーグ』に引き続きエズラ・ミラー
フラッシュことバリー・アレン役には『ジャスティス・リーグ』に引き続きエズラ・ミラー 写真:SPLASH/アフロ

なお、もしキートンがバットマン役に返り咲いたとしても、DCエクステンデッド・ユニバースとは異なる世界線で描かれるマット・リーブス監督、ロバート・パティンソン主演の『The Batman』には影響しないとのこと。
『The Flash』は2021年春に撮影がスタートする見込みで、2022年6月3日(金)に全米公開が予定されている。

文/久保田 和馬

関連作品