• TOP
  • ニュース
  • Amazon Prime Videoを自分好みにカスタマイズ!「JUNK FILM by TOEI」チャンネルをご紹介
  • COLUMN

Amazon Prime Videoを自分好みにカスタマイズ!「JUNK FILM by TOEI」チャンネルをご紹介

2020年6月24日 17:30

日本でもすっかり定着した有料動画配信サービスのなかで、最も多く利用されているのがAmazon Prime Video(※)だ。これはAmazonが展開するサブスクリプション・サービスで、さまざまな特典が受けられるプライム会員になっていれば、追加料金なしで対象作品が見放題になるというもの。比較的リーズナブルな料金で話題の映画やドラマ、アニメが楽しめるとあれば、人気の高さもうなずける。
そんな同サービスをよりディープに楽しめるのが、今回フォーカスするAmazon Prime Videoチャンネルだ。それぞれのチャンネルごとに追加料金を支払うことで、プライム会員であれば簡単にスタート&利用でき、ジャンルに特化した40ものチャンネルを通してプライム対象外の作品を観ることができる。普段のAmazon Prime Videoを“チャンネル”でカスタマイズして、より自分にぴったりの視聴スタイルを手に入れよう!
※日本映像ソフト協会とデジタル・エンターテイメント・グループ・ジャパンの共同調査より(対象は19年。20年5月発表)。有料動画配信サービスの利用配信事業者で、定額見放題(53.5%)/デジタル・レンタル(45.0%)/購入(46.6%)のいずれもAmazon Prime Videoがトップとなった。

JUNK FILM by TOEI

こんな人にプラス!

■往年のプログラム・ピクチャーに目がない
■日本のバイオレンス・アクションがたまらなく好き
■お色気も“ちょい足し”したい

笑い、バイオレンス、お色気。何でもありの東映娯楽作が300タイトル超!

膨大な数を誇る東映グループのコンテンツ。そこから60~70年代に量産されたプログラム・ピクチャーを中心に、Vシネマや長くTV放送されなかった掘り出し物の作品を、300タイトル以上集める(20年5月時点)。
千葉真一の肉体が躍動する『殺人拳』シリーズに、志穂美悦子の初主演作『女必殺拳』、カルト作として知られる『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』、さらに主題歌「怨み節」も有名な梶芽衣子主演作『女囚さそり』シリーズ。いずれも過激かつ濃厚、暴力もお色気もたっぷりと詰まった作品群は、公開当時の熱をそのまま令和の今に伝えるものばかりだ。“JUNK”の名にふさわしく、一度はまるとクセになること間違いなし!

荒唐無稽で何が悪い!“中毒性”あるプログラム・ピクチャー

『殺人拳2』(74)
『殺人拳2』(74)[c]東映

面白ければ何でもあり!なのが東映プログラム・ピクチャーの醍醐味。千葉が空手の達人である主人公役で激烈な格闘アクションを見せた『殺人拳』シリーズは海外でもヒットし、彼の名を世界に轟かせた。とかくコンプライアンスを重視しがちな現在と違い、バイオレンス&エロもグイグイくる!

アウトローが輝いた人気シリーズに“再会”できる

【写真を見る】斉藤由貴が主演を務めた『スケバン刑事』(85)
【写真を見る】斉藤由貴が主演を務めた『スケバン刑事』(85)[c]和田慎二・東映

『湘南爆走族』(86~99)
『湘南爆走族』(86~99)[c]吉田聡・東映ビデオ

斉藤由貴主演で大人気を博し、続編もつくられたTVドラマ『スケバン刑事』や、アニメ版『湘南爆走族』『BE-BOP-HIGHSCHOOL』(90~98)といった不良ものも外せない。また極道映画に強い東映だけに『昭和極道史』(72)、『実録安藤組 襲撃篇』(73)など任侠&実録系も豊富。

恐怖もグロも××も!お宝作品を掘り出そう

『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』(69)
『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』(69)[c]東映

“掘り出し!お宝作品”としてまとめられている作品の中には、梅宮辰夫扮する青年が自慢のムスコで大活躍する『ポルノの帝王』(71)や、久世光彦監督作『夢一族 ザ・らいばる』(79)といった未DVD化のレアものも。江戸川乱歩の小説を題材にした石井輝男監督作『~恐怖奇形人間』もラインナップ。

『女囚さそり』に『XX』!一世を風靡した“ピンキー・バイオレンス”

『女囚701号さそり』(72)
『女囚701号さそり』(72)[c]東映

梶主演の『女囚さそり』全4作に、宮崎ますみ主演の第1作で始まる『XX〈ダブルエックス〉』シリーズ、杉本彩版『花と蛇』(04)。“ピンキー・バイオレンス”として集められた作品には人間の欲望が横溢する。

千葉真一、渡瀬恒彦、志穂美悦子!熱すぎる“アクション・ファイター”

『女必殺拳』(74)
『女必殺拳』(74)[c]東映

『殺人拳』シリーズを筆頭に、千葉の愛弟子といえる志穂美が山口和彦監督と組んだ『女必殺拳』全3作、主演の渡瀬恒彦と川谷拓三らお馴染みの面々が暴れまくる『狂った野獣』(76)まで、“アクション・ファイター”作品は鉄板!

文/DVD&動画配信でーた編集部

「JUNK FILM by TOEI」
月額499円(税込)
無料体験期間:14日間

関連映画ニュース