• TOP
  • ニュース
  • Amazon Prime Videoを自分好みにカスタマイズ!「マイ★ヒーロー」チャンネルをご紹介
  • COLUMN

Amazon Prime Videoを自分好みにカスタマイズ!「マイ★ヒーロー」チャンネルをご紹介

2020年6月24日 17:30

日本でもすっかり定着した有料動画配信サービスのなかで、最も多く利用されているのがAmazon Prime Video(※)だ。これはAmazonが展開するサブスクリプション・サービスで、さまざまな特典が受けられるプライム会員になっていれば、追加料金なしで対象作品が見放題になるというもの。比較的リーズナブルな料金で話題の映画やドラマ、アニメが楽しめるとあれば、人気の高さもうなずける。
そんな同サービスをよりディープに楽しめるのが、今回フォーカスするAmazon Prime Videoチャンネルだ。それぞれのチャンネルごとに追加料金を支払うことで、プライム会員であれば簡単にスタート&利用でき、ジャンルに特化した40ものチャンネルを通してプライム対象外の作品を観ることができる。普段のAmazon Prime Videoを“チャンネル”でカスタマイズして、より自分にぴったりの視聴スタイルを手に入れよう!
※日本映像ソフト協会とデジタル・エンターテイメント・グループ・ジャパンの共同調査より(対象は19年。20年5月発表)。有料動画配信サービスの利用配信事業者で、定額見放題(53.5%)/デジタル・レンタル(45.0%)/購入(46.6%)のいずれもAmazon Prime Videoがトップとなった。

マイ★ヒーロー

こんな人にプラス!

■昭和の特撮ヒーローに子供の頃の興奮が甦る
■リアル・タイムで観られなかった伝説的ヒーローに会いたい
■ロボット・アニメ黎明期を改めてかみ締めたい

あの頃、夢中になった懐かしの東映ヒーローにまた会える!

正義を教えてくれた『仮面ライダー』、変形合体巨大ロボットに燃えた『超電磁ロボ コン・バトラーV』、女の子だって変身したかった『美少女仮面ポワトリン』など、子供の頃に憧れたヒーローは大人になっても忘れがたいもの。
そんなキャラクターにもう一度会えるのが東映のチャンネル、マイ★ヒーローだ。特撮ドラマを中心に、50年代のモノクロ作品や『柔道一直線』(69~70)などをセレクト。話数が多くパッケージではどうしても高額になってしまう作品が定額見放題なのもうれしい。オールド・ファンには懐かしく、観たことのない世代には新鮮なインパクトを与える作品ばかり。ヒーローは時代を経ても色褪せない!

70年代 仮面ライダーもスーパー戦隊も伝説はここから始まった

『仮面ライダー』(71~73)
『仮面ライダー』(71~73)[c]石森プロ・東映

今も続くスーパー戦隊の第1作『秘密戦隊ゴレンジャー』(75~77)、石ノ森章太郎原作の『仮面ライダー』シリーズに『人造人間キカイダー』(72~73)、さいとう・たかを原作の『超人バロム・1』(72)などレジェンドたちが集結。

50~60年代 月光仮面に仮面の忍者 赤影。元祖ヒーロー勢揃い

【写真を見る】『月光仮面』劇場版シリーズ(58~59)も楽しめる!
【写真を見る】『月光仮面』劇場版シリーズ(58~59)も楽しめる![c]川内康範・東映

『仮面の忍者 赤影』(67~68)
『仮面の忍者 赤影』(67~68)[c]光プロ・東映

特撮ヒーローの原点と言われる『月光仮面』は劇場版6作品、東映初のカラー特撮TV映画『〜赤影』は全52話が配信中。チャンネル内で年代別に作品がまとめられているので、目当てが探しやすい。

80年代 “昭和ライダー”は永遠!メタルヒーローも忘れないで

『仮面ライダーBLACK』(87~88)
『仮面ライダーBLACK』(87~88)[c]石森プロ・東映

『宇宙刑事ギャバン』(82~83)
『宇宙刑事ギャバン』(82~83)[c]東映

昭和最後の仮面ライダーとなった『BLACK』と続編『~RX』。一方、ハードなデザイン&世界観で人気を呼んだのが『宇宙刑事ギャバン』を起点としたメタルヒーロー・シリーズで、同作は映画『ロボコップ』(87)にも影響を与えた。

90年代 かわいい&楽しい!アイドルも生んだ“不思議コメディー”

『美少女仮面ポワトリン』(90)
『美少女仮面ポワトリン』(90)[c]石森プロ・東映

『ロボット8ちゃん』(81~82)に始まる石ノ森原作の通称“不思議コメディー・シリーズ”。中でも花島優子主演の『~ポワトリン』は、「命、燃え尽きるまで!」の決めゼリフと共に記憶に残るキュートな変身ヒロインだ。

アニメ 『009』は全50話が見放題!長浜ロマンロボ・シリーズも

『超電磁ロボ コン・バトラーV』(76~77)
『超電磁ロボ コン・バトラーV』(76~77)[c]東映

長浜忠夫が総監督を務め、メッセージ性の強さや美形キャラでも知られる長浜ロマンロボ・シリーズ。特に『~コン・バトラーV』は高い人気を誇った。『サイボーグ009』は劇場版3本と79~80年TV版が揃う。

文/DVD&動画配信でーた編集部

「マイ★ヒーロー」
月額499円(税込)
無料体験期間:14日間

関連映画ニュース