• EVENT

長澤まさみが主演映画で舞台挨拶「この映画はたくさんの人に待ってもらっていると実感」

2020年6月15日 21:04

笑顔の長澤まさみ
笑顔の長澤まさみ

長澤まさみ主演映画『MOTHER マザー』(7月3日公開)の完成披露舞台挨拶イベントが、6月15日にスペースFS汐留で開催。新型コロナウイルス感染予防対策のため、マスコミのみの参加で、それぞれがソーシャルディスタンスを取ったなか、長澤まさみ、阿部サダヲ、奥平大兼、大森立嗣監督が舞台挨拶に登壇した。長澤は「久しぶりの公の場ということでとてもうれしい気持ちです」と挨拶をした。

長澤は続いて「映画が公開できると聞いて、とてもうれしかったです」と安堵の表情を見せた。「もしかしたら、今年公開できないんじゃないのかなと思っていたので。この映画はたくさんの人に待っていてもらっていると実感していました。映画館も開いてきましたし、自分の体調と相談しながら映画館で観てもらえるといいなと思っています」。

メガホンをとった大森立嗣監督
メガホンをとった大森立嗣監督

大森監督も「なかなか経験したことのないことが起きてしまって戸惑っていたんですが、コロナはどうしようもないし、僕たちは映画を作るしか能がないので。大変な目に遭っている方もいっぱいいらっしゃる。映画もなんとか生き延びていくしかないなと思いながら自粛していました」と感慨深い表情でコメント。

川田遼役の阿部サダヲ
川田遼役の阿部サダヲ

阿部も「外に出られることがうれしくなってきた時期。皆さんにお会いするのもうれしいし、久しぶりにカメラの(シャッター)音を聞いてるし。こっちから見る景色は一生忘れない」と言いながら、マスコミ陣もソーシャルディスタンスを取って取材をしている様子を舞台上から眺めた。
また、俳優として初めて舞台挨拶に立った奥平は、共演した長澤の第一印象について「すごい顔が小っちゃくて、すごいかわいかったので、まともに目を合わせられなくて。でも、2回目からは緊張しちゃダメだなと思いました」と照れる。

秋子の息子、周平役の奥平太兼
秋子の息子、周平役の奥平太兼

長澤は「2回目から『もう大丈夫です』と言われたので、早いなと思いました。そうだったんだ」と笑うと、奥平は「そうだったんです」とタジタジだった。
『MOTHER マザー』は、実話をベースにした衝撃作。社会から孤立していく母と息子の歪んだ絆が、ある殺害事件を引き起こす。長澤まさみが、主人公のシングルマザー、秋子役で、闇へ堕ちていく母親役に挑んだ。

取材・文/山崎伸子

関連映画

関連映画ニュース