• NEWS

主題歌はOfficial髭男dismの人気曲に!実写映画版『ふりふら』の予告映像が到着

2020年6月17日 05:00

咲坂伊緒の人気少女コミックを、実写&アニメーションでW映画化するビックプロジェクトとして注目を集める「思い、思われ、ふり、ふられ」。このたび、8月14日(金)に公開となる実写版の予告映像が到着。あわせて、同作の主題歌にOfficial髭男dismの人気曲「115万キロのフィルム」が起用されたことが明らかになった。

物語の世界観にマッチする、Official髭男dismの人気曲が主題歌に!
物語の世界観にマッチする、Official髭男dismの人気曲が主題歌に![c]2020「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 [c]咲坂伊緒/集英社

親同士の再婚で”家族”となり、朱里(浜辺美波)に言えない恋心を抱える理央(北村匠海)。そんな理央に憧れるけど自分に自信が持てない由奈(福本莉子)。和臣(赤楚衛二)に惹かれていく自分の感情に戸惑う朱里。ある秘密を目撃してしまい自分の気持ちに蓋をしてしまう和臣。同じマンションに住み、同じ学校に通う高校1年生である4人の感情は、1人の告白をきっかけに複雑に絡み合っていく。

このたび、到着した予告映像では、明るく社交的な朱里、内向的でうつむきがちな由奈、クールな理央、爽やかで天然な和臣の恋模様が、それぞれのセリフやモノローグとともに瑞々しく映しだされている。そのなかには、「姉弟で恋バナなんてやめようよ」と笑い飛ばそうとする朱里に、理央が隠していた想いをぶつける切ないキスシーンも。

【写真を見る】予告映像では、浜辺美波と北村匠海のキスシーンも…!
【写真を見る】予告映像では、浜辺美波と北村匠海のキスシーンも…![c]2020「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 [c]咲坂伊緒/集英社

そんな4人の片想いのドラマを彩るのは、三木孝浩監督が「『ふりふら』のテーマとこれほど合致する曲はほかにないと感じた」と語る、Official髭男dismの人気曲「115万キロのフィルム」だ。「ダメ元でオファーした」という三木監督だが、Official髭男dismから「映画のテーマと合致するとのことでお話をいただき、最初は驚きました。主人公たちの日々、それをご覧になる皆さんの日々に、もしこの歌が寄り添えたなら、バンドとしてとっても幸せなこと」とオファーを快諾されたことで、今回の楽曲提供が実現した。

そして、完成した本作を観た浜辺からは、「この映画のために作られたのでは!?と思ってしまうくらい、ぴったり。映画をさらに素敵にしてくれる曲が主題歌になったことを心からうれしく思います」とコメント。さらに、北村からも「こんなにも作品に浸らせてくれるぴったりな曲は、ほかに絶対ありません。(エンドロールで)もう一度泣かせてくれる素敵な一曲です」と、絶賛の声が寄せられた。

原作ファンをはじめ、映画ファンからも高い期待を寄せられている『思い、思われ、ふり、ふられ』。フレッシュな4人のキャストとヒゲダンの名曲が織りなす、切ない青春ラブストーリーの公開が待ち遠しい。

文/トライワークス

関連映画

関連映画ニュース