• TOP
  • ニュース
  • V6・井ノ原快彦がエプロン姿でお弁当作りに奮闘!『461個のおべんとう』11月6日公開決定
  • NEWS

V6・井ノ原快彦がエプロン姿でお弁当作りに奮闘!『461個のおべんとう』11月6日公開決定

2020年6月9日 05:00

ドラマ「特捜9」に主演する「V6」の井ノ原快彦と、関西ジャニーズJr.の人気ユニット「なにわ男子」の道枝駿佑が父子役で共演する映画『461個のおべんとう』が、11月6日(金)に全国公開されることが決定。井ノ原がお弁当作りに奮闘する姿を収めた特報が解禁された。

井ノ原快彦と道枝駿佑、黒縁メガネをかけ微笑む姿がそっくり父子のよう!
井ノ原快彦と道枝駿佑、黒縁メガネをかけ微笑む姿がそっくり父子のよう![c]2020「461個のおべんとう」製作委員会

本作はヒップポップ・バンド“TOKYO No.1 SOUL SET”の渡辺俊美によるエッセイ「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」を、『キセキ −あの日のソビト−』(17)、『水上のフライト』(近日公開)の兼重淳監督が実写化した感動作。シングルファザーのミュージシャン・鈴本一樹(井ノ原)は、息子の虹輝(道枝)が高校に通う3年間、お弁当を作り続けることを決意。二人は毎日お弁当を作って食べてを繰り返すことで互いに成長を感じながら絆を深めていく。

特報映像では、黒縁メガネをかけた一樹役の井ノ原がエプロン姿で台所に立ち、手際よく卵焼きを作り、彩りを気にしながらオクラの肉巻きを仕上げる姿が。時には肉を焦がすこともあるけど、徹夜明けの朝もライブの翌日も、虹輝が飽きないように毎日旬の素材を調理する一樹。お弁当に虹輝へのメッセージを添えながら、3年間一日も欠かすことなくお弁当を作り続ける様子が確認できる。

父子役で初共演の井ノ原&道枝は、撮影中は毎日一緒にお弁当を食べたり、オフの日も他愛のないメールのやり取りを重ねたりと和気あいあい。さらに井ノ原は、お弁当作りのシーンを演じるために自宅で料理の勉強に余念がなかったそう。そんな二人が“お弁当”を通してコミュニケーションを重ねる父子を演じる物語に、心温まること間違いなし!

文/トライワークス

関連映画

関連映画ニュース