• TOP
  • 映画ニュース
  • TOHOシネマズ全劇場がついに再開!AI検温システムなどコロナ対策を徹底「地道に『安心・安全』をお届けできれば」
  • NEWS

TOHOシネマズ全劇場がついに再開!AI検温システムなどコロナ対策を徹底「地道に『安心・安全』をお届けできれば」

2020年6月6日 08:30

新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が解除され、東京都は6月1日、映画館などが対象となる休業要請の緩和措置「ステップ2」へ移行。コロナと共存していく“ウィズコロナ”が叫ばれるなか、TOHOシネマズは、6月5日より全67劇場揃っての営業再開に踏み切った。
早速、当日にTOHOシネマズ日比谷を訪れてみると、待ち望んでいた映画ファンが足を運ぶ姿が見受けられた。いま、映画館はコロナとどう向き合っているのか。TOHOシネマズ株式会社の常務取締役、戸嶋雅之氏をはじめ、TOHOシネマズのスタッフ陣を直撃した。

ついにTOHOシネマズ全劇場が再開!ロビーでは注意喚起の映像が流れている
ついにTOHOシネマズ全劇場が再開!ロビーでは注意喚起の映像が流れている

TOHOシネマズは、都心以外では5月15日から44劇場で順次営業を再開。そして5日、ついに東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県の23劇場も揃ってオープンした。実際にTOHOシネマズ日比谷に足を踏み入れると、光が降り注ぐ開放的なエントランスから館内に至るまで、細心の注意を払った感染予防対策が取られていた。
TOHOシネマズは、全興連(全国興行生活衛生同業組合連合会)が定める「映画館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」を踏まえつつ、様々な安全対策を取っている。劇場内のモニターを見ると、全興連による注意喚起の映像も流されている。

劇場ロビーの自動券売機、vit(R)は1台置きの稼働。約1.7メートルのソーシャルディスタンスを確保
劇場ロビーの自動券売機、vit(R)は1台置きの稼働。約1.7メートルのソーシャルディスタンスを確保

劇場ロビーの自動発券機、vit(R)は1台置きに稼働しており、床にはソーシャルディスタンスを保つためのテープが貼られている。客席は飛沫感染防止のため、チェス盤方式で前後左右1列ずつ空けて販売されている。時間をずらした入場アナウンスや、館内清掃にあてる休憩時間を長めに取るなどの措置も。

コンセッション前も2メートルの距離が保たれている
コンセッション前も2メートルの距離が保たれている

そもそも、映画館は「興行場法」に基づいて営業していて、一定の空調設備の整備が義務付けられている。つまり換気が行き届いており、決して密閉空間ではない。ただ、コロナ禍においては、スタッフの方が「明らかに安全だとわかり、安心してご利用いただけるよう対策を取っています」と語るとおり、そのことを可視化する必要があった。

ロビーのソファやハイテーブルは撤去されているほか、コンセッションやグッズ売場にも足元の目印が。フロア全体でソーシャルディスタンスを保てる工夫がなされている。

関連映画ニュース